Chekipon BLOG  
ログイン

美女と野獣と金髪 2016

2016年06月26日23:53:00















昨日は大阪・アメリカ村FANJ twiceであった『美女と野獣と金髪2016』ツアーの
大阪公演に行ってきました。
 
『D_Drive』と『TSP』がホストを務める対バンツアーで
この大阪公演にはこの2バンドに含め『CROSS VEIN』が参戦と言うことで
観に行ったわけです。
このFANJ twiceは2013年1月に『BABYMETAL』の“イジメ、ダメ、ゼッタイ”の
リリース・イベントで行った以来でした。
因みに私はこのホストの『D_Drive』も『TSP』も初めて観る(聴く)バンドでした。
 
と言うわけで、350名のキャパを擁するFANJ twiceですが、
1組目のCROSS VEINが登場する時はまだ100名ほどの入りと寂しい感じでした。
定刻19時を少し過ぎた頃、いつものJULIAの影アナでライヴはスタートしました。
 
セットリスト
01. Moon Addict
02. Protect The Core
03. Maid of Larraine
04. Forget-me-not
05. Ephemeral Snow
06. Sweet Spell
07. Beauty and The Beast
08. Eternal Dream
 
新メンバーのドラマー“yosuke”さんは前任とは違う華麗なドラミングで
CROSS VEINのサウンドに見事にマッチしており
早くこのラインナップでワンマンが見てみたいと思いました。
 
2番目に登場した『TSP』はいわゆるラウド系のバンドで
J-POPにも似たメロディーを使うユニークなバンドでした。
 
3番目に登場の『D_Drive』はギター2人(内1人は女性)と
ベースとドラマー(も女性)と言う4人編成のインスト・バンド。
メンバー全員かなりのテクニシャンで、とりわけ2人のギタリストの
高速ツイン・リードはかなり醍醐味のあるものでした。
ポール・ギルバートとスティーヴ・ヴァイが居る
ヴォーカルなしのRACER Xみたい!?
 
なかなか楽しいライヴでした。
ライヴはお約束の3バンドのセッションがあり、
『LOUDNESS』の“Crazy Nights”と
『HELLOWEEN』 の“Eagle Fly Free”をプレイ。
TSPのヴォーカリストには流石にLOUDNESSは無理がありました(^_^;)


Posted by アナログ・キッド Comments(0)