Chekipon BLOG  
ログイン

THE DEFIANTS /

2016年05月18日22:33:00














今日はアメリカの『THE DEFIANTS』の1stアルバム『THE DEFIANTS』を
紹介します。
 
LOUD PARKの出演も決まっている『DANGER DANGER』の“ブルーノ・ラヴェル”(b)と
“ロブ・マルチェロ”(g)と、元『DANGER DANGER』のVoの“ポール・レイン”らの
プロジェクト『THE DEFIANTS』のデビュー・アルバムです。
 
自分の音楽性の変化で後期の『DANGER DANGER』は全く聴いてなかったのですが
各位のレビューで評価が高かったので購入してみましたが
これは評判通りの素晴らしいアルバムです。
どれもこれもポップでキャッチーなナンバーのオンパレード、
正しく捨曲なしの素晴らしいアルバムです。
 
北欧メタルの香りのする『DANGER DANGER』と言った印象でしょうか。
ハード・ポップの名盤の一作と言えるでしょう、
 
DANGER DANGER / DANGER DANGER
01.Intor (Carillon's Theme)
02.Love and Bullets  
03.When the Lights Go Down  
04.Waiting on a Heartbreak  
05.Runaway  
06.Lil' Miss Rock'n'roll  
07.Last Kiss  
08.Save Me Tonight  
09.Take Me Back  
10.We All Fall Down  
11.That's When I'll Stop Loving You  
12.Underneath the Stars  
FRONTIER RECORDS (FR CD 729)


Posted by アナログ・キッド Comments(0)