Chekipon BLOG  
ログイン

FORTUNE /

2015年08月29日23:17:00

 

 

 

 

 

 

 

 

“BACK TO THE 1985”第66回目は『FORTUNE』の
『FORTUNE』(邦題:聖未来)を紹介します。

あぼ名プロデューサー〝ケヴィン・ビーミッシュ〞を迎えリリースした
『FORTUNE』のデビュー・アルバムです。

いかにもケヴィンがプロデュースしたバンドと言う感じのポップでメロディアス
な産業ロック的なサウンドでした。
哀愁漂うキーボードのサウンドをベースに『GIFURRIA』を彷彿とさせる世界観を
感じるアルバムに仕上がっています。

バンドはこの1枚のみをリリースしただけに留まりましたが、
今もなお当時のハード・ポップ・アルバムとして名盤として名を残しています。

因みにシングルカットされた〝Stacy〞当時ブリジストン・タイヤの
CMでも使われていました。

FORTUNE / FORTUNE
Side-A
01. Thrill of At All
02. Smoke From A Gun
03. Stacy
04. Bad Blood
05. Dearborn Station
Side-B
01. Lonely Hunter
02. Deep In The Heart of The Night
03. Stormy Love
04. Out On The Streets
05. 98' in The Shade
WARNER PIONEER (P-13260)



Posted by アナログ・キッド Comments(0)