Chekipon BLOG  
ログイン

I・ギラン、リッチーのソロの間はパブに行っていた

2015年03月24日22:40:00

 

 

 

 

 

 

 

 

ディープ・パープルのイアン・ギランがリッチー・ブラックモアのソロの間は
パブに行っていたと語る。
さまざまなロック・ヴォーカリストとクラシック楽団が共演する
ロック・ミーツ・クラシックのドイツ公演を経て5月から
ディープ・パープルとしてツアーに乗り出すイアン・ギランだが、
70年代にはリッチー・ブラックモアの長いギター・ソロの間に
パブで一杯ひっかけていたことを明らかにしている。

音楽ジャーナリストのウンベルト・サルパッソの取材に
イアンは次のように当時のことを振り返っている。

「俺は長いソロは好きだよ。特に昔は大好きだったね、
おかげでパブで一杯引っかける暇ができたもんだからね」

当時バンドが演奏していたクラブではパブが隣接しているか、
近所にあることがほとんどだったので、イアンはリッチーがソロに
没頭している間に引っ込んで酒を引っかけに繰り出していたという。

「ローディの誰かにずっと見張ってもらって(リッチーのソロが)
終わりそうになったら『パブに来て呼び戻してくれよ』って
言いつけてあったんだ。毎晩ね。マジでだよ」

「アメリカをツアーしてる時は楽屋でトランプをやってることが多かったね。
イギリスではね、たいていの会場の舞台口近辺にパブがあったもんだったから。
でも、会場がどんどん大きくなっていくと当たり前だけど、会場から
出られなくなるわけでさ。それでスタッフのみんなとトランプをやるように
なったんだ。そういうノリだったし、それはそれですごく楽しかったよ。
でも、(ソロ演奏そのものはリッチーが)自分に夢中になってるだけの
もんだったからね」

そもそも仲の悪いお二人さんでしたからね。
DREAM THEATERのジャイムス・ラブリエも途中呑みに行けそう!?



Posted by アナログ・キッド Comments(0)