Chekipon BLOG  
ログイン

RITCHIE BLACKMORE'S RAIBOW /

2015年01月27日23:39:00

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年殆ど出来なかったBACK TO THEシリーズですが
今年は勢力的に行っていたいと思ってます(今のところは)。

そんなわけで今日から40年前の1975年にリリースされた
アルバムを紹介していきたいと思います。
そんな“BACK TO THE 1975”の第一回目は『RITCHIE BLACKMORE'S RAIMNBOW』の
『RITCHIE BLACKMORE'S RAIMNBOW』(邦題:銀嶺の覇者)を紹介します。

『DEEP PURPLE』を脱退したリッチー・ブラックモアは当初ソロ・アルバム
を制作する計画でアメリカの『ELF』のメンバーでレコーディングを開始しますが
結局ニュー・バンドとしてアルバムをリリースします。

そんな1stアルバムは後の『RISING』のようなドラマティックさやダイナミックさは
希薄で、どちらかと言うとパープルの『嵐の使者』のような
アメリカ・ナイズされたハード・ロックをプレイしており
バンド(リッチー)の方向性も不確定な印象のあるアルバムでした。

RICHIE BLACKMORE'S RAIMNBOW / RICHIE BLACKMORE'S RAIMNBOW
01.Man On The Silver Mountain 
02.Self Portrait 
03.Black Sheep Of The Family 
04.Catch The Rainbow 
05.Snake Charmer 
06.Temple Of The King 
07.If You Don't Like Rock 'N' Roll 
08.Sixteenth Century Greensleeves 
09.Still I'm Sad
POLYGRAM RECORDS (825 089-2)



Posted by アナログ・キッド Comments(0)