Chekipon BLOG  
ログイン

SANCTUARY /

2014年11月29日23:24:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『SANCTUARY』の3rdアルバム
『THE YEAR THE SUN DIED』を紹介します。

AT THE GATESが19年振りのニュー・アルバムなら
SANCTUARYは25年振りとなるニュー・アルバムです。
古いメタラーにはデビュー・アルバムをMEGADETHのデイヴ・ムスティンが
プロデュースしたことで有名なバンドで、先日ARCH ENEMYに加入した
ギタリスト“ジェフ・ルーミス”が在籍していたバンドです。
1992年にバンドは解散しましたが、2010年に再結成し
再結成後初のアルバムとなります。

ジェフがARCH ENEMYに加入してしまったと今となっては
NEVERMOREの存続はないわけですが
もはやこれはSANCTUARYの仮面を被ったNEVERMOREと言ったサウンドです。
別にこれはネガティヴな感想ではなく、正統派のメタル・サウンドを
聴かせてくれている素晴らしいアルバムだと思います。

SANCTUARY / THE YEAR THE SUN DIED
01. Arise And Purify
02. Let The Serpent Follow Me
03. Exitium (Anthem Of The Living)
04. Question Existence Fading
05. I Am Low
06. Frozen
07. One Final Day (Sworn To Believe)
08. The World Is Wired
09. The Dying Age
10. Ad Vitam Aeternam
11. The Year The Sun Died
CENTURY MEDIA (9039-2)



Posted by アナログ・キッド Comments(0)