Chekipon BLOG  
ログイン

WHITESNAKE、伝説のスーパーロック''84奇跡のリリース

2014年09月26日23:21:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトスネイク、伝説の<スーパーロック '84>奇跡のリリース!


コージー・パウエルにニール・マーレイ、そこにジョン・サイクスと
もちろんデヴィッド・カヴァーデイルという、
史上最強メンバーよるホワイトスネイクの<スーパーロック '84>での
ライブ映像が10月29日に発売となる。
タイトルは『スーパーロック '84+ジョン・ロード・ホワイトスネイク最終公演』だ。

1984年の夏に行なわれた<スーパーロック '84>は、
野外フェスの先駆けともいうべき画期的イベントだった。
ホワイトスネイクとマイケル・シェンカー・グループを
ダブル・ヘッドライナーに据え、絶頂期のスコーピオンズ、
デビュー間もない頃のボン・ジョヴィ、さらには近年、
ドキュメンタリー映画公開とともに再評価熱の高まったアンヴィルという
豪華な顔ぶれが、名古屋、福岡、大阪、そして埼玉の西武球場を
サーキットして回るというビッグドリームだった。
いくつもの名場面が生まれたが、なかでもコージー・パウエル(Dr)、
ジョン・サイクス(G)を擁するラインナップでのホワイトスネイクは、
多くのロックファンの間で語り継がれてきた名演を繰り広げた。

こちらの映像自体は、かつてVHS及びレーザーディスクとして一度だけ
リリースされたものだが、こうしてDVD化を迎えるまでに30年もの時間を
要することになったのは、権利関係が不透明だったことに加え、
マスター映像の所在が不確かな状態にあったからだった。

ホワイトスネイクのデヴィッド・カヴァーデイルと現在のマネージメントは、
これまでにも『ライブ・アット・ドニントン1990』や
『メイド・イン・ジャパン~ライブ・アット・ラウドパーク11』といった
CD/映像作品の日本リリースを手掛けてきたワードレコーズに対し、
この映像素材の捜索を正式に依頼、2013年10月から日本国内で
マスター映像の捜索が続けられてきた。

このイベントのMCを務めた伊藤政則の記憶をもとに丹念な捜索が続けられ、
その結果、かつてこのライブ映像作品の制作を手掛けていた制作会社には
オリジナルの映像素材がもはや保存されていないことが判明してしまった。
この映像発掘を望んでいたデヴィッド・カヴァーデイル自身も
落胆しかけていたものの、当時の発売元だった東宝に編集後の
1インチのマスターテープ映像が最高の状態で保管されていたことがわかり、
それによって無事DVD化が実現できたという。
1984年当時「初のリニアPCM録音」が行われていたこともあり音質も良好だ。

あくまで編集後の完パケマスターのため、当時の商品そのままギター・ソロの
さなかにメンバーのコメントやツアー中の移動風景などが
インサートされるような場面も登場するものの、
むしろそれが伝えてくれる時代感も、2014年の現在にあっては
興味深いものとして映るものだ。

『スーパーロック '84+ジョン・ロード・ホワイトスネイク最終公演』は、
単なる復刻にとどまらず、2012年7月に他界してしまったジョン・ロード(key)
在籍時代最後のライブ映像やライブ音源、さらに貴重なデモ音源や写真とともに
1980年代をデヴィッド・カヴァーデイルが語る
「スライド・イット・イン・スライドショウ」をはじめとする
貴重なボーナス素材も存分に追加されている。

9月27日(土)26時からのBSフジ『伊藤政則のロックTV!』では、
この発表に合わせて急きょ「ホワイトスネイク・スーパーロック'84特集」が放送、
伊藤政則が当時の秘話の数々を語るという。
また特別に「ギルティー・オブ・ラヴ」の一部も公開される。

通販限定で1000セットのみ発売される「スーパー・メモリアル・ボックス」には、
当時スタッフに配布された記念Tシャツ、バックステージパス、チケット、
パンフレットのレプリカや1984年来日中に日本で取材や撮影され
ミュージックライフや音楽専科に掲載された「スペシャル・アーカイヴ・ブック」
などが付属する。
予約はワードレコーズ・ダイレクトでスタートとなっている。

当時の西武球場観に行きました。
初めての野外フェス体験だったわけで、とにかく暑かったのを覚えてます。
このビデオは持ってますがやはりDVD化して欲しかった。
スーパーロック本編以外にも過去の映像が収録されてこれはマストアイテム!
SCORPIONSの映像もDVD化して欲しい!!!
MSGhはDVD化してなくていいからね~!!!!!



Posted by アナログ・キッド Comments(0)