Chekipon BLOG  
ログイン

OPETH /

2014年09月18日22:25:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はスウェーデン出身の『OPETH』の11thアルバム
『PALE COMMUNION』を紹介します。

もはや初期の頃のデスと言ったアプローチは全く皆無となり
70年代のプログレッシヴ・ロックの王道とも言えるサウンドを
創造しているOPETHなわけですが
ニュー・アルバムは更にレトロ感が加速し
完全に70年代にタイプトリップしたかのようなアルバムに仕上がっています。
KING CRIMSON、EL&Pと言った先人のオマージュとも言える世界観の中に
スリリングなパッセージも取り入れ、
純度100&のプログレッシヴ・ロックを聴かせてくれています。

デス度は勿論、メタル度も希薄ですがしっかりロックしています。
昔のプログレは良かったよな~と言うそこのお父さん!
秋の夜長、ちょっとこのアルバム聴いてみてごらんなさい!

やはりミカエルさんはジョン・ウェットンに憧れているんでしょうね。

因みにBlu-Ray Audioに収録されているライヴ音源は
インターネットからダウンロードも出来ます。

OPETH / PALE COMMUNION
Disc-1/CD
01. Eternal Rains Will Come
02. Cusp Of Eternity
03. Moon Above, Sun Below
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice Of Treason
08. Faith In Others
Disc-2/Blu-Ray Audio
01. Eternal Rains Will Come
02. Cusp Of Eternity
03. Moon Above, Sun Below
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice Of Treason
08. Faith In Others
09. Soltude (Live) [[Bonus Track]
10. Var Kommer Barnen In (Live) [Bonus Track]
ROADRUNNER RECORDS (RR 65735)



Posted by アナログ・キッド Comments(0)