Chekipon BLOG  
ログイン

KILLER BE KILLED /

2014年06月25日22:51:00














今日はアメリカ出身の『KILLER BE KILLED』の1stアルバム
『KILLER BE KILLED』を紹介します。

『THE DILLINGER ESCAPE PLAN』のグレッグ・ピチアート(Vo,Gt)と
『SOULFLY』のマックス・カヴァレラ(Vo,Gt)、『MASTODON』のトロイ・サンダース(Vo,Ba)、
『THE MARS VOLTA』のメンバーだったこともあるデイヴ・エリッチ(Ds)
らによる超スーパー・プロジェクトです。
そのメンツからして超ヘンチクリンなサウンドを期待しましたが
意外にストレート(彼らのキャリアを思えば)、ハード・コアとスラッシュをベースとした
メロディックなエクストリーム・サウンドを聴かせてくれています。
これだけの大物が勢ぞろいしたからと言ってお互いのエゴを剥き出しと言うより
お互い歩み寄っていい音楽を作り出したと言った印象でしょうか。

とにかく各バンドでリード・ヴォーカルを取るメンバーが3人も居ると言うことで
歌心をしっかり持った安心して聴けるアルバムです。
まさしく横綱相撲。

KILLER BE KILLED / KILLER BE KILLED
01. Wings Of Feather And Wax
02. Face Down
03. Melting Of My Marrow
04. Snakes Of Jehova
05. Curb Crusher
06. Save The Robots
07. Fire To Your Flag
08. I.E.D.
09. Dust Into Darkness
10. Twelve Labors
11. Forbidden Fire
NUCLEAR BLAST (3255-0)

Wings of Feather And Waxの音だけどうぞ


Posted by アナログ・キッド Comments(0)