Chekipon BLOG  
ログイン

四人囃子 /

2014年01月30日23:08:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1974〞第10回目は日本の
『四人囃子』の1stアルバム『一触即発+2』を紹介します。
 
先日16日に胃がんで他界した、今では名プロデューサーとして名を馳せていた
佐久間正英氏(Ba)が在籍していたことでも有名な『四人囃子』の
デビュー・アルバムです。
 
日本のプログレッシヴ・ロックの草分け的な存在『四人囃子』なわけで
卓越した演奏テクニックと幻想的かつドラマティックな世界観は
1974年当時の日本のバンドとは思えない高次元なサウンドです。
まぁこれまた当時の日本バンドの欠点でもあった
ヴォーカルの弱さが耳につきますが、そんなマイナス要因を差し引いても
日本のロック史に残した記念碑的作品であることには間違いないです。
 
因みにこのアルバムにはまだ佐久間氏は在籍していません。

四人囃子 / 一触即発+2
01.〔h∧maebe□〕
02.空と雲
03.おまつり(やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)
04.一触即発
05.ピンポン玉の嘆き
06.空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ(ボーナス・トラック)
06.ブエンディア(ボーナス・トラック)
UNIVERSAL MUSIC (UPCH-20015)

一触即発のライヴ映像をどうぞ


Posted by アナログ・キッド Comments(0)