Chekipon BLOG  
ログイン

SCORPIONS /

2014年01月22日22:58:00

 

 

 

 

 

 

 〝BACK TO THE 1974〞第4回目はドイツ出身の『SCORPIONS』の
2ndアルバム『FLY TO THE RAINBOW』(邦題:電撃の蠍団)を紹介します。
 
『UFO』にマイケル・シェンカーを引き抜かれた『SCORPIONS』が
新たにウリ・ロートを加入させ制作されたアルバムです。
因みにレコーディングには参加してないものの3曲クレジットには
マイケルの名前もあります。
 
どちらかと言うと1stアルバム『LONESOME CROW』の面影を残した
作品と言えるわけで、
ダークでちょっとプログレッシヴなサウンドが
印象的なアルバムです。
マイケルのそれとはまた違ったメロディックなウリのギターも
バンドのサウンドのカラーにハマっています。
 
それにしてもアルバムの完成度とは相反した
ダサい
アルバム・ジャケットはなんとかならんもんかと(^^;
 
SCORPIONS / FLY TO THE RAINBOW
Side-A
01.Speedy's Coming
02.They Need A Million
03.Drifting Sun
04.Fly People Fly
Side-B
01.This Is My Song
02.Fly Away
03.Fly To The Rainbow
RCA (RVP-6089)

Speedy's ComingのTVライヴ映像をどうぞ


Posted by アナログ・キッド Comments(0)