Chekipon BLOG  
ログイン

KROKUS /

2013年08月07日21:53:00

 

 

 

 

 



〝BACK TO THE 1983〞第21回目はスイス出身の
『KROKUS』の
7thアルバム『HEADHUNTER』(邦題:髑髏の紋章)を紹介します。
 

前作でアメリカでの手応えを感じた(と思う)『KROKUS』は
『JUDAS PRIEST』のアルバムを手がけた敏腕プロデューサー
〝トム・アロム〞を迎え
制作したのが『HEADHUNTER』で、
そう言った背景もあってか〝ロブ・ハルフォード〞が
バック・コーラスで1曲参加しています。
 
サウンド的にはバンド史上最も硬質なアルバムと言えるでしょう。
そう言う方向性もあって最も好セールスを上げたアルバムでもありました。
 
このアルバムをピークにバンドは緩やかに失速していきます。
売れ線を狙ったアプローチが自滅していくことになりました。
ありがちなパターン(^^;
 
KROKUS / HEADHUNTER
01.Headhunter
02.Eat the Rich
03.Screaming in the Night
04.Ready to Burn
B-Side
01.Night Wolf  
02.Stayed Awake All Night
03.Stand and Be Counted
04.White Din05.Russian Winter
NIPPON PHONGRAM (25RS-194)

Headhunterのライヴ映像をどうぞ



Posted by アナログ・キッド Comments(0)