Chekipon BLOG  
ログイン

DEF LEPPARD /

2013年07月24日22:15:00














〝BACK TO THE 1983〞第13回目はイギリス出身の『DEF LEPPARD』の
3rdアルバム『PYROMANIA』(邦題:炎のターゲット)を紹介します。
 
NWOBHMのムーブメントの中でデビューした『DEF LEPPARD』でしたが
デビュー当時から硬質のリフをメインとしたNWOBHMサウンドとは
異質な、いわゆるアメリカンなヘヴィ・メタルをプレイしていました。
そんなこともあって1st、2ndアルバムと全米では
それなりの好リアクションを得ることになります。
そしてこの3rdアルバムで全米での人気を決定的なものにする
ことになりました。
 
今作は適度にポップでハードエッジなものも失っていない
キャッチーなハード・ロックと言えるもので、
その後の洗練されたサウンドを思えば、
このアルバムが1番バランスの取れたスタイルだったと思います。

故にこのアルバムがLEPPSのアルバムで1番好きです!
やはりリック・アレンの両腕は必要だ!!!
 
DEF LEPPARD / PYROMANIA
A-Side
01.Rock Rock (Till You Drop)
02.Photograph
03.Stagefright
04.Too Late For Love
05.Die Hard The Hunter
B-Side
01.Foolin'
02.Rock of Ages
03.Comin' Under Fire
04.Action Not Words
05.Bily's Got A Gun
NIPPON PHONOGRAM (25PP・59)

PhotographのPVをどうぞ


Posted by アナログ・キッド Comments(0)