Chekipon BLOG  
ログイン

SONS OF AEON /

2013年02月21日23:13:00














今日はフィンランド出身の『SONS OF AEON』の1stアルバム
『SONS OF AEON』を紹介します。
 
『GHOST BRIGADE』のベースとギター、元『SWALLOW THE SUN』の
ドラマーが中心になって結成したバンド(プロジェクト)のデビュー・アルバムです。
 
彼等のサウンドはいかにも北欧のバンドらしい叙情性たっぷりの
メロディック・デス・メタルです。
そう絵に描いたようなメロ・デス(^^;
今の時代にこんなオーセンティックなメロ・デスをプレイするバンドは
珍しいと思えるわけで、
クリーン・ヴォイスを一切使わないその姿勢からして、
メロ・デスの古典とも言えるサウンドです。
 
その叙情性に関しては素晴らしいものがありますが
ただ彼等のポリシーなのかも知れませんが全くギター・ソロがないのが不満。
このサウンドに劇的なギターソロなんかあれば涙モノなんだけどな~。
 
SONS OF AEON / SONS OF AEON
01. Faceless
02. Cold Waves
03. Burden
04. Enemy Of The Souls
05. The Centre
06. Havoc & Catharsis
07. Weakness
08. Seeds Of Destruction
09. Wolf Eyes
10. Black Sheep Process
LIFEFORCE RECORDS (LFR 130-2)

Wolf Eyesの音だけどうぞ


Posted by アナログ・キッド Comments(0)