Chekipon BLOG  
ログイン

VADER /

2011年09月22日22:55:00

 

 

 

 

 

 

今日はポーランド出身の『VADER』の10thアルバム
『RETURN TO THE MORBID REICH』を紹介します。
 
約2年振り、バンド・メンバーを固めてリリースしたニュー・アルバムです。
前作ではピーター(vo、g)がベースも兼任しバンドとしての不安定な状態で
リリースしましたが、
今作では正式にセカンド・ギタリストとベーシストを加入させ
レコーディングをは行われています。
 
『VADER』に関してはその時の気分でアルバムを買ったり買わなかったりですが
今作は各位で評判が良かったので購入しました。
 
変わらずスラッシーでブルータルなデス・メタルをプレイしています。
加えてメロディックな部分が増えて、ブル・デスはあまり聴かない
メロ・デス・リスナーにも通用するサウンドへと進化した印象があります。
初期からのコアな『VADER』ファンは勿論、初めて『VADER』を聴くリスナーにも
『VADER』の魅力を余すところなく伝えることが出来る好盤だと思います。
 
デジパック盤にはカバー曲2曲がボーナス・トラックとして収録されており
これは日本盤と同じボーナス・トラックです。
 
VADER / RETURN TO THE MORBID REICH
01.Ultima Thule
02.Return To The Morbid Reich
03.The Black Eye
04.Come And See My Sacrifice
05.Only Hell Knows
06.I Am Who Feasts Upon Your Soul
07.Don't Rip The Beast's Heart Out
08.I Had A Dream...
09.Lord Of Thorns
10.Decapitated Saints
11.They Are Coming...
12.Black Velvet And Skulls Of Steel
13.Raping The Earth [Bonus Tracks]
14.Troops of Tomorrow [Bonus Tracks]
NUCLEAR BLAST (2735-8)

Come And See My Sacrificeの音だけどうぞ


Posted by アナログ・キッド Comments(0)