Chekipon BLOG  
ログイン

BOSTON /

2010年11月20日22:25:09





懐かしのアルバム特集・第11回目は『BOSTON』の1976年リリースの1stアルバム『BOSTON』(邦題:幻想飛行)紹介します。



私が洋楽のロックを聴き出した頃にはまだ〝産業ロック〞と言うジャンルは存在していませんでした。

おそらく1970代後期にこの産業ロックと言う巨大マーケットは登場したと思いますし

この産業ロックの代表格的バンドとしてこの『BOSTON』はカテゴライズされていました。



『BOSTON』のサウンドはとにかくメロディアスでキャッチーで、

いかにも大陸的なスケールの大きなロックをプレイしており、

故〝ブラッド・デルプ〞のハイトーンのヴォーカルに、それに絡む流麗なコーラス・ワークも魅力的でした。



プログレッシブ・ロック的だったり軽快なロックンロール的だったり、

どれもこれもすんなり耳に入り心地よさを感じる楽曲のオンパレードで

デビュー・アルバムにして全世界で1000万枚以上のセールスをあげるマンモス・アルバムとなりました。



BOSTON / BOSTON

01.More Than A Feeling

02.Peace Of Mind

03.Foreplay/Long Time

04.Rock & Roll Band

05.Smokin''

06.Hitch A Ride

07.Something About You

08.Let Me Take You Home Tonight

EPIC SONY (32・8P-192)





〝More Than A Feeling〞のPVをどうぞ



Posted by アナログ・キッド Comments(1)
この記事へのコメント
このキャリアにしてこれだけしかアルバムをリリースしてなくて

それでも今なお根強い人気があると言うのは凄いことです。
Posted by アナログ・キッド at 2010-11-21 23:27 [2148420]