Chekipon BLOG  
ログイン

CRAWLER /

2010年11月29日22:57:37





懐かしのアルバム特集・第19回目は『CRAWLER』の1977年リリースの1stアルバム『CRAWLER』(邦題:毒牙)を紹介します。



『FREE』のギタリストとしてその名を世界に知らしめた〝ポール・コゾフ〞が1972年『FREE』脱退後にソロ・アルバムを製作しました。

そのアルバム・タイトルが『BACK STREET CRAWLER』で、

そのアルバム名をバンド名にし活動を開始しようとした矢先に1976年ドラッグによる心不全でコゾフは他界します。

しかし残されたメンバーはバンドを解散することなくギタリストを加入させ、バンド名も『CRAWLER』と改名し再デビューをします。



私が洋楽のハード・ロックを聴き出した頃にコゾフは死んでしまったわけで、

コゾフがどんな偉大なギタリストだったのか当時はあまり理解してなくて、

よく分らないまま購入したのがこの『CRAWLER』のアルバムでした。



高校生だった私にとっては『CRAWLER』のアルバムは地味で

ライナー・ノーツに書いてある通りまさしくいぶし銀のようなアルバムだったわけですが、

この年齢になって改めて聴き直すとそれはそれはお洒落なロック・アルバムです。

〝ポール・ロジャース〞的なハスキーでパワフルなヴォーカルではない甘いトーンの声質が

実にこのサウンドにマッチしており、AORとも言えるフィーリングを持つアルバムです。



とにかくシブくてカッコいいアルバムです!



バンドは2ndアルバムをリリース後解散してしまいます。

2年前にCD化され1stと2ndの2in1のCDがリリースさているので興味のある方は是非どうぞ!



CRAWLER / CRAWLER

A-Side

01.Without You Baby

02.You Got Money

03.Sold On Down The Line

04.One Too Many Lovers

05.You Are My Saviour

B-Side

01.Pastime Dreamer

02.Never Loved A Woman

03.You And Me

04.Stone Cold Sober

CBS SONY (25AP-593)



〝Stone Cold Sober〞のライヴ映像をどうぞ。これまたこんな映像が残っているとは驚きです。



Posted by アナログ・キッド Comments(0)