Chekipon BLOG  
ログイン

MAJESTIC /

2010年08月30日23:24:02





〝Back To The 2000〞第28回目はスウェーデン出身の『MAJESTIC』の2ndアルバム『TRINITY OVERTURE』を紹介します。



その後『TIME REQUIEM』と改名することになる〝イェンス・ヨハンソンの再来〞とも言われた

〝リチャード・アンダーソン〞率いる『MAJESTIC』の2ndアルバムです。

大幅なメンバー・チェンジがありましたがその影響は全くなく2ndアルバムで

イングヴェイ的なネオ・クラシカルな様式美全開のサウンドが全編に渡って繰り広げられています。

新たに加入したギタリストもネオ・クラシカルな速弾きを聴かせており、ヴォーカリストも素晴らしい歌唱を聴かせてくれています。

因みにドラマーは『ARCH ENEMY』でも活躍した〝ピーター・ウィルドアー〞です。



とにかく様式美が好きなリスナーにはタマラないサウンドだと思います。



オープニングのインスト〝Entering The Arena〞がイングヴェイのあの曲のパクリもご愛嬌!?



MAJESTIC / TRINITY OVERTURE

01.Entering the Arena

02.Voodoo Treasure

03.The Rapture of Canaan

04.I''ll Shoot the Moon

05.Resurrection

06.Curtain of Fire

07.The Breath of Horus

08.Approaching the Storm

09.Confusicus

10.Trinity Overture

11.Cadenza Op.1 in A Minor [Japanese Bonus Track]

TOSHIBA EMI (TOCP-65456)



〝Curtain of Fire〞の音だけどうぞ





Posted by アナログ・キッド Comments(0)