Chekipon BLOG  
ログイン

RIOT /

2010年06月24日23:22:52





〝Back To The 1990〞の第24回目は『RIOT』の7thアルバム(再結成第二弾)『THE PRIVILEGE OF POWER』を紹介します。



1988年に再結成され復活した『RIOT』の第二弾アルバムはバンド初のコンセプト・アルバムでした。

まぁそれ以上にゲストに『TOWER OF POWER』を起用しホーンセクションを導入したり、

〝ジョー・リン・ターナー〞と言ったゲストが多数参加しているところなどもバンドとしては初の試みでした。

まぁコンセプト・アルバム云々は別としてこのホーン・セクションの導入は賛否を呼びましたが、

バンドのサウンドに見事にハマっていたと思いますし、コンセプト・アルバム特有のSEも若干の蛇足感がありましたが、

楽曲もバラエティに富んでアルバム自体の完成度は素晴らしいものがありました。



とは言え、以前から言ってますが私の『RIOT』は〝ガイ・スペランザ〞ですface02



RIOT / THE PRIVILEGE OF POWER

01.On Your Knees

02.Metal Soldiers

03.Runaway

04.Killer

05.Dance of Death

06.Storming the Gates of Hell

07.Maryanne

08.Little Miss Death

09.Black Leather and Glittering Steel

10.Racing With the Devil on a Spanish Highway (Revisited)

CBS SONY RECORDS (CSCS 5053)



ジョー・リン・ターナーやTOWER OF POWERが参加した〝Killer〞の音だけどうぞ



Posted by アナログ・キッド Comments(0)