Chekipon BLOG  
ログイン

LANA LANE

2007年02月19日23:34:23





一口にプログレッシヴ・ロックと言ってもその中でまた細分化されており、

アメリカ出身の『LANA LANE』は変拍子を多用するテクニカルなプログレッシヴ・ロックとは

違う方向性を持っているバンドでした。

1995年のデビューアルバムは限りなくハード・ロック的なサウンドをベースにした

シンフォニックなロックで、そこに“ラナ・レーン”の澄んだ伸びやかなヴォーカルと

“エリック・ノーランダー”のハモンド・オルガンが華麗に舞うと言う、一種AOR的なロックでした。

だからと言って産業ロック的なポップ感はなく、幻想的でウェットに満ちたサウンドでした。

『LANA LANE』のお勧めのアルバムは2ndアルバム『Curious Goods』です。

癒し系とは一味違うメルヘンの世界へ誘うような『LANA LANE』のファンタジー・ロックを

堪能出来ることでしょう。

ヤチェク・イェルカの描くお伽話の本を連想していまいそうなアート・ワークも絶品です。


Posted by アナログ・キッド