Chekipon BLOG  
ログイン

SHADOWS FALL

2007年05月25日22:27:23





今日はアメリカ出身『SHADOWS FALL』の5thアルバム『Threads of Life』を紹介します。

今作ではあの『RUSH』の新作をプロデュースした〝ニック・ラスキュリネッツ〞を迎え、

よりメロディックに、よりドラマティックになり彼らのアルバム史上最高傑作の作品になりました。

デビュー当時の北欧メロディック・デス路線からメタル・コアへ、

そして彼らはそのまた一歩前進する正真正銘のピュア・メタル・バンドへと成長しました。

ハードなナンバーはベイエリア・スラッシュ・メタル・サウンド、メロディアスなツイン・ギターや

劇的なギター・ソロなどは北欧系のメロ・デス・サウンドと言うスタイルは変わらないものの、

6曲目の叙情的なパワー・バラードを聴かせるところなどは

彼らのメロディ・メーカーとしての成長を伺うことが出来る大きなポイントでしょう。

アメリカではアトランティックと契約して移籍第一弾となった新作は

今の時代のメタルとは何か!?を啓示した渾身の一発となりました。

これはもはやメタルと言う狭いフィールドで語るのも馬鹿馬鹿しい、

広くアメリカン・ロックと言う土俵に名乗りを上げることの出来る傑作と言えるでしょう。



Posted by アナログ・キッド