Chekipon BLOG  
ログイン

HYPOCRISY

2007年07月21日22:17:09





今日は1992年のデビュー以来、今も活動を続ける超ベテランバンド、

スウェーデン出身の『HYPOCRISY』を紹介します。

デビュー当時は陰鬱で暗い普遍的なデス・メタルをプレイしていた彼らも次第に

メロディーを取り入れることにより北欧叙情デスのスタイルへとシフトして行きます。

しかしレコード会社への不満が爆発し1998年の5thアルバムをリリースと共に解散宣言をしますが

直ぐに撤回、同レコード会社と契約をし今も活動し続けています。

現在までに10枚のオリジナルアルバムリリースしています。



そんなわけでお勧めは1998年リリースの5thアルバム『The Final Chapter』です。

本来のデス・メタル然としたサウンドの中にもメロディアスな部分も取り込み、

ゴシックテイストなアプローチを感じる楽曲や疾走するスラッシーな楽曲もあったりと、

スウェデッシュ・デス・メタルの王道とも呼べる作品に仕上がっています。



バンドのリーダーである〝ピーター・テクレン〞はプロデューサー業としても

その敏腕振りを発揮しています。


Posted by アナログ・キッド