Chekipon BLOG  
ログイン

DISARMONIA MUNDI

2007年07月30日00:27:28





今日はイタリア出身のメロディック・デス・メタル・バンド『DISARMONIA MUNDI』を紹介します。

2000年に1stアルバムをリリースした彼らでしたが直後にバンドのメンバー3人が離脱、

バンドは休止状態に陥ります。

しかしバンドの中心人物のドラマー〝エットレ・リゴッティ〞はメンバー探しを開始し、

彼らのをサウンドを気に入っていた『SOILWORK』のヴォーカリスト〝ビョーン・スピード・ストリッド〞

のヘルプにより2004年に2ndアルバムをリリースします。

その後再びメンバーの脱退などがあり、結局3rdアルバムではエットレが1人で

ドラム、ベース、ギター、キーボードを演奏すると言うマルチぶりを発揮、

再びビョーンのヘルプによりアルバムを完成させます。

彼らのサウンドは『SOILWORK』的なモダンなメロ・デス・サウンドと言え、

もはやこれは『SOILWORK』以上に『SOILWORK』的とも言えるサウンドでした。



そんなわけでお勧めは2006年リリースの3rdアルバム『Mind Tricks』です。

エットレ・リゴッティと言う1人の人間が作り出したとは思えないクオリティの高い作品に

仕上がっており、メロディックでブルータルなサウンドはその先人達のサウンドと引けを取らない、

いやそれ以上のメロディック・デスかもしれません。



バンドには正式なメンバー不在である為にライヴ活動が出来ない状態なので、

早くバンドとしての体制を完備してそのライヴ・パフォーマンスが見てみたいものです。



Posted by アナログ・キッド