Chekipon BLOG  
ログイン

FORTUNE

2007年10月25日22:04:59





LAメタル・第23弾は『FORTUNE』を紹介します。



LAメタル・ブームの中、バンド以外にも有名になったプロデューサーも数多く居ました。

『REO SPEEDWAGON』が1981年にリリースした名盤『HI INFIDELITY:(邦題/禁じられた夜)』

のプロデューサーとして一躍有名になった〝ケヴィン・ビーミッシュ〞もその一人です。

『Y&T』『HURRICANE』『LEATHERWOLF』等のプロデューサーとして

ケヴィンは名声を残すことなります。

そんな〝ケヴィン・ビーミッシュ〞プロデュースのもと1985年にデビューしたのが

『FORTUNE』です。

いかにもケヴィンがプロデュースしたバンドと言う感じのポップでメロディアスな産業ロック的な

サウンドでした。

バンドはこの1枚のみをリリースしただけに留まりましたが、

20年以上経った今も隠れた名盤として語り継がれています。



そんなわけでお勧めはその1985年にリリースした唯一残したアルバム

『FORTUNE:(邦題/聖未来)』です。

アルバムトップを飾る哀愁漂うキーボードのサウンドで始まる〝Trill of It All〞などは

『GIFURRIA』を彷彿とさせる世界観を感じます。

しかしやはり3曲目のシングルカットされた〝Stacy〞の素晴らしさはアルバムの中で

一際輝いているでしょう。

この曲は当時ブリジストン・タイヤのCMでも使われていました。



『FORTUNE』の中心的メンバーだったヴォーカルの〝L.A.グリーン〞とキーボードの

〝ロジャー・スコット・クレイグ〞はその後『HARLEN CAGE』と言うバンドを結成しました。

『HARLEN CAGE』の1stアルバムには『FORTUNE』のアルバムに収録されている

〝98 in The Shade〞がリ・レコーディングされています。



『FORTUNE』のこのアルバムは2005年にリリース20周年記念として

3曲のボーナストラックを追加してCD化されました。



Posted by アナログ・キッド