Chekipon BLOG  
ログイン

JOSHUA

2007年10月30日22:28:57





LAメタル・第27弾は『JOSHUA』を紹介します。



1984年にアメリカ旅行で買ったレコードの中にこの『JOSHUA』の1982年にリリースされた

デビュー・ミニ・アルバム『THE HAND IS QUICKER THAN THE EYE』がありました。

このアルバムは旅行に行く前から購入リストに挙げていた1枚で、見つけた時は嬉しかったです。

とにかくこのアルバムに収録されているあるナンバーが聞きたかったのです。

今もロックバラード名曲として語り継がれる〝November is Going Away〞です。

当時伊藤政則のラジオ番組で流れ話題になったナンバーで、輸入盤は爆発的に売れました。

1982年にリリースされたこのアルバムは1984年に2曲追加された日本盤がリリースされました。



『JOSHUA』はギタリストでありリーダーの〝ジョシュア・ペラヒア〞率いるバンドで、

1985年には2ndアルバム『SURRENDER』をリリース、

1989年の3rdアルバム『INTENSE DEFENSE』では昨日紹介した『DRIVER』の〝ロブ・ロック〞を

ヴォーカリストに迎えアルバムをリリースします。



そんなわけでお勧めのアルバムは1984年リリースの日本盤のデビューアルバム

『THE HAND IS QUICKER THAN THE EYE:(邦題/旋風)』です。

基本的には産業ロック的なポップでメロディアスなアメリカン・ロック・サウンドですが、

とにかくこの〝November is Going Away〞だけ他の曲とは全く違う世界観を持ち異彩を放っています。

とりわけ日本盤に追加された〝Lisa〞もメロディアスなハード・ポップ・チューンで名曲と言えます。



『JOSHUA』は今も活動(細々と!?)を続けています。

今も〝November is Going Away〞をプレイしているかな~!?



とにかく四半世紀経った今でも名曲と言われる〝November is Going Away〞、

百聞は一見に如かず、My Spaceで見れますので1度聴いてみて下さい。

           ↓ ↓ ↓

http://vids.myspace.com/index.cfm?fuseaction=vids.individual&videoid=7131414









Posted by アナログ・キッド