Chekipon BLOG  
ログイン

FAIR WARNING

2008年02月18日22:12:51





ライヴ・イン・ジャパン特集・第17回目は『FAIR WARNING』の『LIVE IN JAPAN』を紹介します。



おそらく彼らを認めている国は世界広しと言えどこの日本だけなのではないでしょうか!?

そんな厳しい現状にも関わらず彼らは見事な珠玉のメロディアス・ハード・ロック・サウンドを

作り上げてきたことに表彰状でもあげたい気持ちになります。

このライヴ・アルバムはそんな『FAIR WARNING』の1993年4月18日の初来日公演

クラブ・チッタ川崎での模様を収録したものです。

ベーシスト〝ウレ・リトゲン〞が在籍していた『ZENO』の1stアルバムに収録されていたインスト

〝Sunset〞からライヴが始まるところや『ZENO』のナンバーを2曲もプレイしているところなどは、

『ZENO』が母体となっているバンドの証でしょう。

『FAIR WARNING』が来日した時には『ZENO』の1stアルバムは廃盤状態で、

とりわけさほど大ヒットしたわけでもない『ZENO』のアルバムを持って

会場へ駆けつけたコアなファンもいたようです。

ただ〝A Little More Love〞はオリジナルよりかなりキーを下げているのが残念。





FAIR WARNING / LIVE IN JAPAN

01.Sunset(Intro)

02.Out On The Run

03.Longing For Love

04.When Love Fails

05.Eastern Sun

06.Take Me Up

07.Long Gone

08.The Heat of Emotion

09.Take A Look At The Future

10.The Call of The Heart

11.In The Ghetto

12.Sukiyaki

13.Hang On

14.The Eyes of Rock

15.One Step Closer

16.A Little More Love

17.Mickey''s Monkey



この映像版『THE CALL OF EAST LIVE IN JAPAN』もリリースされており

DVD化に伴って5曲追加収録され、この時のライヴの模様をほぼ完全な姿で見ることが出来ます。







Posted by アナログ・キッド