Chekipon BLOG  
ログイン

IN FLAMES /

2008年04月24日22:23:49





今日はスウェーデン出身のメロディック・デス・メタル・バンド『IN FLAMES』の

9thアルバム『A SENSE OF PURPOSE』を紹介します。



もはやこのジャンルにおいて右に出るものは居ない、

そのサウンドには貫禄とも思えるオーラを感じる『IN FLAMES』ですが、

今作も叙情メロディー満載のメロディック・デスを聴かせてくれています。

かなりキャッチーな印象を感じる楽曲が多く、

緩急を明確に表したコントラストの妙技が光る作風と言えるでしょう。

ゴシックとも思える耽美なナンバーや

キーボードのエレクトロニックなモダニズムがクールさを際出せるアレンジなど、

彼らが作り出した唯一無比のサウンドに何の躊躇もないと言ったところでしょうか。

誰もが思っていることですが、もはやこれはデスと言った狭いカテゴリーで語られる音楽ではなく、

メロディアスなヘヴィ・メタル、それも叙情ヘヴィ・メタル。

ヴォーカルもギターも泣きまくる、哀愁のヘヴィ・メタルのモダン系と言えるでしょう。



IN FLAMES / A SENSE OF PURPOSE

01.The Mirrors Truth

02.Disconnected

03.Sleepless Again

04.Alias

05.I''m The Highway

06.Delight And Angers

07.Move Through Me

08.The Chosen Pessimist

09.Sober And Irrelevant

10.Drenched In Fear

11.Condemned

12.March To The Shore

13.Eraser (Japanese Bonus Track)

14.Tilt (Japanese Bonus Track)

15.Abnegation (Japanese Bonus Track)



TOY''S FACTORY(日本盤)



ボーナス・トラックも強力なナンバーですので購入の際は日本盤をお勧めします。



アルバムからのシングルThe Mirror''s TruthのPVをどうぞ。

ちょっとグロい!?





Posted by アナログ・キッド