Chekipon BLOG  
ログイン

FORTUNE /

2008年06月25日23:16:55





北欧メタル特集・第24回目はスウェーデン出身の『FORTUNE』を紹介します。



90年代に入ると北欧メタルもその代名詞とも言われた『EUROPE』の迷走や『TNT』の解散などで、

その伝統(!?)の灯りに翳りが見えていた頃でもありました。

しかし、昨日紹介した『MASQUERADE』と言った新しい北欧メタルの後継者が出現するなど、

まだまだ北欧メタルの伝統をを残してくれそうなバンドは居ました。

そんな北欧メタルの伝統を見事に継承したバンドが1993年に『MAKING GOLD』でデビューした

『FORTUNE』です。

北欧ならではの水晶の如き美旋律の叙情性は日本人の琴線を震わすことになり話題になります。

翌年には2ndアルバム『CALLING SPIRITS』をリリースするも

デビューアルバムのような美旋律度は後退、ファンを落胆させます。

同年にはグレン・ヒューズの来日公演のオープニング・アクトに抜擢され初来日を果たしました。

1995年には3rdアルバム『LORD OF FILES』をリリース、

1stアルバムに回帰するようなアプローチも見せましたが

一度離れたファンの心を呼び戻すには至りませんでした。



そんなわけでお勧めのアルバムは1993年リリースの1stアルバム『MAKING GOLD』です。

アルバムトップを飾る〝Eyes of Ice〞は『FORTUNE』の代表曲であり、

北欧メタル史に残る名曲の1曲であると言っていいでしょう。

他にも〝Renegade〞や〝Life Goes On〞の泣きのメロディーも聴き応えがあります。

全編に漂う透明感溢れる北欧美旋律が炸裂するサウンドは北欧メタルの王道と言えるでしょう。



FORTUNE / MAKING GOLD

01.Eyes of Ice

02.Anomymous Lover

03.Lucky Star

04.Renegade

05.Life Goes On

06.Stormy Roads

07.Trouble In Paradise

08.Mindreader

09.Sundowner

10.Make Your Move

11.Fools Gold

12.Mystified



彼らのCDも今は亡きゼロ・コーポレーションからリリースされていましたので現在は廃盤です。

間違いなく北欧メタル史に残る名盤である彼らの1stアルバム、

中古盤で発見したらマスト・バイすることをお勧めします。


Posted by アナログ・キッド