Chekipon BLOG  
ログイン

MILLION /

2008年07月21日22:46:52





ゼロ・コーポレーション特集・第21回目は『M.ILL.ION』の1993年のデビュー・アルバム

『No.1』を紹介します。



何と今月通算6枚目のオリジナル・アルバムをリリースする、スウェーデンの古参バンド

『MILLION』のデビュー・アルバムはいかにも北欧らしいメロディーに

どこか『SCORPIONS』の〝クラウス・マイネ〞的なヴォーカルに乗って

骨太なヘヴィ・メタルをプレイしていました。

全体的ミディアム系のナンバーが多く、

サウンドは『TREAT』がちょっとヘヴィになったイメージと言っていいでしょうか。

楽曲もどれもコンパクトにまとまっており叙情性たっぷりのナンバーばかりなのですが、

残念ながらキラーチューンと呼べるナンバーがないのが

アルバム全体のインパクトを下げている感じがします。

しかし、一寸の曇りもない良質の北欧メタル・サウンドであることは間違いないです。



M.ILL.ION / NO.1

01.Sign of Victory

02.Lovers

03.Time After Time

04.90-60-90

05.Live It or Leave It

06.Winds of Change

07.Tomorrow

08.Desperate Love

09.Hold Me Touch Me

10.The Poseur

11.Take It To The Limot

12.I Wanna Know

1993年11月24日(XRCN-1077)



それにしてもまだ『MILLION』が活動していたとは驚きです。

ニュー・アルバムの評価もいいようですし、購入された方は感想よろしくお願いします。


Posted by アナログ・キッド