Chekipon BLOG  
ログイン

EYES /

2008年07月24日22:38:00





ゼロ・コーポレーション特集・第24回目は『EYES』の未発表曲集の

『WINDOWS OF THE SOUL』を紹介します。



1990年に〝ジェフ・スコット・ソート〞をヴォーカリストに迎えデビューした

アメリカ出身の『EYES』ですが、ジェフがバンドに加入したのは1988年で

その直後にレコーディングされた作品がこの『WINDOWS OF THE SOUL』です。

1990年にリリースされたデビュー・アルバムはいかにもアメリカンなヘヴィ・メタルと言う感じで、

悪くはなかったのですがいまひとつ抜きん出る作品ではありませんでした。

しかし、このアルバムで聴けるのは叙情性たっぷりのAOR的なハード・ロックでした。

楽曲のスタイルからジェフのヴォーカルも力んだ印象はなく、

安心して聴いていられる大人のロックと言う感じです。

ジェフは素晴らしいヴォーカリストであることを再確認出来るアルバムと言えるでしょう。



EYES / WINDOWS OF THE SOUL

01.Cheyenne

02.City Nights

03.Love Is Alive

04.Way Back Home

05.Living On The Edge

06.Love Lies

07.Don''t Turn Around

08.Walking Fire

09.Nobody Said It Was Easy

10.It''s All Over

1994年6月8日(XRCN-1106)



デビュー・アルバムにはこの『WINDOWS OF THE SOUL』からのナンバーが

3曲再録音されています。



Posted by アナログ・キッド