Chekipon BLOG  
ログイン

MAGNITUDE 9 /

2008年07月30日22:02:33





ゼロ・コーポレーション特集・第30回目は『MAGNITUDE 9』の1998年リリースの1stアルバム

『CHAOS TO CONTROL』を紹介します。



予てから話題になっていたギタリスト〝ロブ・ジョンソン〞が中心になって結成されたのが

この『MAGNITUDE 9』です。

ソロ・ギタリストとして3枚のアルバムをリリースしていたロブが

『PSYCHO DRAMA』のヴォーカル〝コリー・ブラウン〞とバンドを結成、

ベースには『ARTENSION』にも在籍していた〝ケヴィン・チャウン〞が顔を揃えると言う、

凄腕ミュージシャンの集団でした。

7弦ギターを巧みに操るロブの変幻自在の超絶プレイは聴き応えがあり、

そのヘヴィでテクニカルなサウンドは『SYMPHONY X』にも似た世界観を持っていました。

コリーのハイトーンのヴォーカルも〝ジェフ・テイト〞を彷彿とさせるもので、

そのサウンドは凄腕集団だからこそ成せるハイパーなプログレ・メタルでした。



MAGNITUDE 9 / CHAOS TO CONTROL

01.Another World

02.Don''t Say

03.After Tomorrow

04.Y2K

05.Voices

06.Into The Sun

07.Keeper of Your Soul

08.Secrets Within

09.Writings

10.End of Time

1998年7月29日(XRCN-2041)



現在はマーキー・インコーポレイティドからアルバムは発売されており

1曲追加収録されています。


Posted by アナログ・キッド