Chekipon BLOG  
ログイン

トミー・エマニュエル in セントレアホール

2008年10月21日22:35:26









10月19日(日)は中部国際空港・セントレア内にあるセントレア・ホールで行われた

オーストラリア出身の天才ギタリスト“トミー・エマニュエル”のライブに行ってきました。

今回で4度目の来日ですが2年前は大阪公演1度だけ、昨年も横浜公演1度だけと言う

日本のトミー・ファンには満足する来日公演とは言えませんでした。

しかし4度目の来日公演となる今年は札幌、横浜、名古屋、大阪(2公演)と

今までの来日の中では規模の大きいものになりました。



名古屋公演(大阪公演も)には同じオーストラリア人ギタリスト“マイケル・フックス”が前座に起用され

1曲目は同じオーストラリア出身のバンド『MEN AT WORK』の“Down Under”をプレイ。

オリジナル曲を含め、ビートルズ・メドレーやブラームスのハンガリー舞曲もカバーするなと

幅広い音楽性を披露、30分弱の演奏でしたがその卓越した演奏力を見せてくれました。



15分程の休憩を挟みトミーの登場です。

いつものようにご陽気に登場、観客は大歓声です。

その正確無比でパワフルなピッキングには圧倒です。

休憩を含み2時間半ほどの演奏に観客は魅了されました。

本編最後には前座のマイケルとのジャムセッションが2曲あり、

2人の華麗なるギターバトルも見応え満点でした。



ライヴ終了後はサイン会もあり勿論参加。

何とサイン以外にも希望者にはトニーと記念撮影もOKとなり

私もしっかりトミーとのツーショット写真を撮ってもらいました(^o^)





この名古屋公演に関しては東海テレビが6台のカメラを駆使して撮影を行い、

11月30日に東海地区限定ではありますが、名古屋公演をテレビ放送することになりました。

東海地区の方々が羨ましい!



客席に〝ブラザー・トム〞さんの姿がありました。



あとホール前にはトミー愛用ギター、メイトンギターがついに日本での正式に販売されることになり

展示されていました。

流石に値段までは記載されていませんでしたが(^^;





トミーのナンバーの中で最も人気もある〝Classical Gas〞をどうぞ





Posted by アナログ・キッド