Chekipon BLOG  
ログイン

ROBBY VALENTINE /

2008年10月29日22:05:03





ポップなプログレ特集・第26回目はオランダ出身の『ROBBY VALENTINE』の

1994年の2ndアルバム『THE MAGIC INFINITY』を紹介します。



日本では人気のある(あった!?)オランダの貴公子〝ロビー・ヴァレンタイン〞さま(笑)が

プログレかどうかは聴き手の判断に任すとして、

『QUEEN』的なクラシカルで仰々しいアレンジは間違いなくプログレッシヴと呼べるものでした。

メロディックでポップなハード・ロックを基調としながらも分厚いコーラスやシンフォニックなアレンジで

スケールの大きい音楽を作り上げていました。

加えて『BEATLES』的なメロディーも懐かしさを感じさせ、

更にバラードにおけるスタイルは産業ロック的な世界観がありました。

〝作り過ぎ感〞があるかも知れませんがこれが〝ロビー・ヴァレンタイン〞の魅力です。



ROBBY VALENTINE / THE MAGIC INFINITY

01.The Magic Infinity

02.Miss You Eternally

03.Only Your Love

04.Angel Of My Heart

05.No Turning Back

06.The Reconciliation

07.Don''t Make Me Wait Forever

08.Wild Child

09.I Need Your Love

10.Help Me Spell My Name

11.Mega-Man

12.Raise Your Hands

13.A World Of You And Me[Japanese Bonus Track]

14.Valentine''s Overture Part Ⅱ(A Martian On Earth) [Japanese Bonus Track]

Polydor(POCP-1418)



No Turning Backのライヴ映像をどうぞ



Posted by アナログ・キッド