Chekipon BLOG  
ログイン

QUEEN TRIBUTE

2008年11月29日22:01:59





トリビュート、カバー・アルバム特集・第26回目は『QUEEN』のトリビュート・アルバム

2003年リリース『VALENSIA』の『QUEEN TRIBUTE』を紹介します。



『VALENSIA』が『QUEEN』に多大な影響を受けていたのは

彼のアルバムを聴けば一目瞭然なわけで、

『QUEEN』のトリビュート・アルバムをリリースすることは至って自然な流れだと言えるでしょう。

とにかくこれはトリビュート・アルバムと言う枠だけでは語れない、そのバンドに対する敬意、憧れ、

そして愛が満ち溢れています。

これはまさしく『QUEEN』が乗り移ったアルバムと言っていいでしょう。

とにかく〝Bohemian Rhapsody〞の完成度を聴いてもらいたいです。

ここまでこの曲を完コピしたバンド、アーティストが今までにいたでしょうか!?

〝We Will Rock You〞の独自のアレンジから〝Liar〞になだれ込む展開や

〝Killer Queen〞の華麗なるアレンジなど、聴きどころは一杯あります。

とにかくQUEENファンは勿論、そうでもない人も一度聴いてもらいたいアルバムです。

ここまでやる奴がいるんや!と言う物珍しさでもいいです。

物珍しさから凄さに変わっていると思います。



QUEEN TRIBUTE

01.Sheer Heart Attack

02.Man From Manhattan

03.Bohemian Rhapsody

04.Polar Bear

05.I''m in Love With My Car

06.We Will Rock You

07.Liar

08.Dear Friends

09.All the Young Dudes

10.Killer Queen

11.Love of My Life

12.My Fairy King

13.You Take My Breath Away

LION MUSIC(LMC-109)



2曲目〝Man From Manhattan〞はその昔〝エディ・パウエル〞と言う人に

フレディが提供したナンバーです。

4曲目〝Polar Bear〞は〝ブライアン・メイ〞と〝ロジャー・テイラー〞が

『QUEEN』以前に結成していた『SMILE』のナンバーです。

9曲目〝All The Young Dudes〞は『MOTT THE HOOPLE』がヒットさせたことで有名で

フレディー・マーキュリーのトリビュート・コンサートでプレイされていました。


Posted by アナログ・キッド