Chekipon BLOG  
ログイン

ROUGH CUTT /

2008年12月21日22:11:44





今日はアメリカ出身、LAメタルの影の帝王『ROUGH CUTT』の『ANTHOLOGY』を紹介します。



このCDはメジャー・デビュー前にレコーディングされたデモ音源12曲と、

2ndアルバム後の1987年にレコーディングされたデモ音源3曲が収録されたDisc-1と、

1985年デトロイト・シラキュースで収録されたライヴ音源のDisc-2の2枚組アルバムです。

20年以上もの月日を経て何故こんなアルバムがリリースされたのかよく分かりませんが

『ROUGH CUTT』ファンなら是非とも購入しておきたい1枚です。

まずデモ音源Disc-1の1984年の音源12曲中の6曲が未発表曲と言うのが聴きものです。

とりわけ〝Queen of Seduction〞のハード・ロック全開のナンバーは

彼らにしては異質でもありとてもカッコいいナンバーです。

この曲を含め〝クレイグ・コールディ〞のクレジットが見れるナンバーがあり、

ハード・ロック基調だったクレイグは基本的に『ROUGH CUTT』には合ってなかったのでしょう。

〝Motive For Love〞ではこれも彼らにしては意外なシャッフル調の爽快なナンバーです。

13~15曲目の1987年のデモ音源は言わば3rdアルバムになるはずだっただろうナンバーで、

かなりヘヴィな印象の強いナンバーが収録されています。

Disc-2のライヴ音源はお世辞にも音はいいとは言えませんが

1stアルバムのナンバーがほぼ全曲演奏しており

リリース前の2ndアルバムのナンバーも1曲プレイしています。



ROUGH CUTT / ANTHOLOGY

Disc-1

01.Take Her

02.Stranger/Dressed to Kill

03.Dreamin'' Again

04.Cutt Your Heart Out

05.You Keep Breaking My Heart

06.Take It or Leave It

07.Queen of Seduction

08.Try a Little Harder

09.Crank It Up

10.Prowler

11.Street Gang Livin''

12.Motive for Love

13.Bad Boys

14.Hold On

15.You Want It You Got It

Disvc-2

01.Cutt Your Heart Out

02.Kids Will Rock

03.Never Gonna Die

04.Dressed to Kill

05.She''s Too Hott

06.Black Widow

07.Take Her

08.Drum Solo

09.Don''t Settle for Less

10.Try a Little Harder

11.Piece of My Heart

Cleopatra Records (CLP 3200)



スーパーロック’85の〝Take Her〞のライヴ映像をどうぞ。



Posted by アナログ・キッド