Chekipon BLOG  
ログイン

TALAS /

2009年02月22日22:16:37





ライヴ・アルバム特集・第22回目は『TALAS』の

1984年リリースの『LIVE SPEED ON ICE』を紹介します。



再結成をし6月の来日公演も決まった『MR.BIG』のベーシスト〝ビリー・シーン〞が

『MR.BIG』以前に結成していた『TALAS』の

1983年12月2日ニューヨークは〝L''Amour〞でのライヴを収録したライヴ・アルバムです。

『TALAS』には〝エディ・ヴァン・ヘイレン〞のようなベーシストが居ると聞いて

輸入盤で当時購入したのがこのライヴ・アルバムです(勿論アナログ盤)。

ディストーションのかかったベース音にベースでは考えられないタッピングなど

縦横無尽に弾きまくるベースに衝撃を受けました。

当時はLAメタルが勃発する時期でしたが、ニューヨークのバンドとあって

『TALAS』はLA界隈のバンドとは少し違ったサウンドを持っており、

カラッとしたアメリカンなサウンドと言うより欧州のバンドに近いアプローチがありました。

このライヴでは大幅にメンバーチェンジが敢行されており、

ギタリストにはその後色んなバンドを渡り歩く〝ミッチ・ペリー〞が加入しており、

ビリーとのバトルも聴き応えのあるものになっています。

とは言え聴き所はやはりビリーのベースなわけで、

クラシックの〝ビゼー〞の〝アルルの女〞からの〝ファランドール〞や

ベース・ソロの〝7719(3A17)〞からなだれ込む〝High Speed On Ice〞の流れや、

彼らの代表曲〝Shy Boy〞など聴きどころは山盛りです。



TALAS / LIVE SPEED ON ICE

A-Side

01.Sink Your Teeth Into That

02.Crystal Clear

03.The Farandole

04.Do You Feel Any Better

05.Lone Rock

B-Side

01.King Of The World

02.Inner Mounting Flame

03.7718 (3A17)

04.High Speed On Ice

05.Shyboy

COMBAT (MX 8005)



このライヴ・アルバムと2ndアルバム『SINK YOUR TEETH INTO THAT 』

をカップリングした『THE TALAS YEARS』と言うアルバムが1989年にリリースされました。





〝High Speed On Ice〞の映像をどうぞ





 


Posted by アナログ・キッド Comments(0)