Chekipon BLOG  
ログイン

ROSS / MANRING /

2009年04月29日22:01:10





今日はアコースティック・ギタリスト〝DON ROSS〞とベーシスト〝MICHAEL MANRING〞の

共演ライヴ『LIVE IN TORONTO』のDVDを紹介します。



カナダ出身の〝ドン・ロス〞がホスト役となってアメリカから〝マイケル・マンリング〞と

〝アンディ・マッキー〞を招いてトロントで行われたライヴを収録したライヴDVDです。

〝アンディ・マッキー〞が〝マイケル・ヘッジス〞に捧げたオリジナルナンバー

〝The Friend I Never Met〞をハープギターのソロ演奏でライヴは始まります。

その後ドンとマンリングが登場し、自分が演奏しない時は舞台奥のイスに座って待機すると言う

スタイルでライヴは進行していきます。

私はこの〝マイケル・マンリング〞と言う人のプレイを初めて見ましたが

フレットレス・ベースを巧に操る超絶テクニックの持ち主で驚きました。

ただソロと言うスタイルで見続けた時にいささかの自慰的なプレイに見える懸念があるような気がして

バンドとしてのポジションでプレイした方はその力は発揮されるのではないかな~と思いました。

ドンのプレイに関しては今更説明する必要もなく素晴らしかったです。



LIVE IN TORONTO

01.The Friend I Never Met (Andy McKee)

02.Greeting Earthlings (Michael Manring)

03.Dracula and Friends Part 1 (Don Ross)

04.Bass Medley: Solipsism~You Send Me~Smile(Michael Manring)

05.Tochigi (Don Ross)

06.Never Got to Pernambuco (Ross/Manring)

07.Brooke''s Waltz (Don Ross)

08.Adhan (Michael Manring)

09.Robot Monster (Don Ross)

10.Selene (Michael Manring)

11.Three Hands (Don Ross)

12.Helios (Michael Manring)

13.Tight Trite Night (Ross/McKee)

14.Rylynn (Ross/McKee/Manring)

15.Afriad to Dance (Don Ross)

CANDYRAT RECORDS



まぁ素晴らしいミュージシャンが顔を並べているわけですから

演奏的なことには問題があるはずがないのですが

いつも思うことはこう言うミュージシャンのルックスの酷さです。

仮にもステージに出て演奏するのですからもうちょっと衣装に気を配ればいいのに

休日のオヤジが庭の手入れをしてる時にギターでも弾いてるような

あの服装だけはなんとかならんもんかと!

プロならそう言ったところまで神経を使って欲しいと思いました。



3人での〝Rylynn〞の映像をどうぞ。









Posted by アナログ・キッド Comments(0)