Chekipon BLOG  
ログイン

BADLANDS /

2009年05月22日22:13:48





ハードロック・ヘビーメタル三昧、第14回目は44曲目にオンエアされた『BADLANDS』の

〝Hard Driver〞が収録されている『BADLANDS』を紹介します。



OZZY OSBOURNEのアルバム『BARK AT THE MOON』(''83)と『THE ULTIMATE SIN』(''86)

と言う、ある意味オジーのアルバムのセールス面での黄金期に在籍していた〝ジェイク・E・リー〞が

オジーのバンド脱退後に結成したのがこの『BADLANDS』です。

元『BLACK SABBATH』のヴォーカリスト〝レイ・ギラン〞とタッグを組んだと言うことで

どんなド派手なメタル・サウンドを聴かせてくれるのだろうと期待したら、

サウンドはブルージーなシブいハード・ロックでちょっとビックリ(ガッカリと言う意見も!?)しました。

とにかくこのバンドはレイの素晴らしいヴォーカルを聴かせるバンドとして

結成されたと思った方がいいでしょう。

レイの歌声を生かすにはやはりこう言ったブルージーなハード・ロックが似合います。

とは言え、オジー時代にフラッシーなギターを弾き、いかにもLAメタルのギタリスト的な

派手なプレイをしていたジェイクのイメージからはかけ離れた『BADLANDS』のサウンドは

世間的にウケなかったのは事実です。

1989年にリリースしたデビュー・アルバム『BADLANDS』から

1991年には2ndアルバム『VOODOO HIGHWAY』をリリースするも、

バンドはこれと言った成功を見ず1992年に解散してしまいます。

レイもソロに転向するも1993年にHIV感染により他界してしまいますが

1998年になって幻の3rdアルバムの音源『DUSK』がリリースされました。



BADLANDS / BADLANDS

01.High Wire

02.Dreams In The Dark

03.Jade''s Song

04.Winter''s Call

05.Dancing On The Edge

06.Streets Cry Freedom

07.Hard Driver

08.Rumblin'' Train

09.Devil''s Stomp

10.Seasons

11.Ball And Chain









『BADLANDS』が我々の予想を裏切って(!?)提示したブルージーなハード・ロック・サウンドは

その後の〝エイドリアン・ヴァンデンバーグ〞〝ルディ・サーゾ〞〝トミー・アルドリッチ〞らが

結成した『MANIC EDEN』と私はカブってしまうのです。









Posted by アナログ・キッド Comments(3)
この記事へのコメント
バッドランズは当時!友達にライブ観に行こうって…誘われましたが(^o^;

お金がなかったので(笑)

いけませんでした(^々^)

今思えば友達にお金を借りて迄でも観に行ってたらよかったと思います(^o^;



ジェイクEリーと!元☆彡聖飢魔U+2161のジェイル大橋さんと似ている☆彡と(^^ゞ当時から今に到る迄(^^ゞ思っているのは僕だけなのかもしれません(^o^;

なんとなく似てませんかね?(^o^;

ではまた依らせて頂きまーす☆ヽ(▽⌒*)

from.daisuke
Posted by だいちゃん at 2009-05-23 02:45 [1664243]
それは行っておいた方が良かったですね。

確かに行けそうだったのに行かなかったライヴってありますよね。
Posted by アナログ・キッド at 2009-05-23 23:31 [1664246]
行きたかったライブ。。最近だと3月に来日したHANOI ROCKSです。仕事であきらめました┐(´ー`)┌
あとはGUNS N'' ROSES(メジャーデビュー後、スラッシュとかスティーブンがいた頃)とかNIRVANAも見たかったです。
Posted by Shinobu at 2009-05-24 16:21 [1664248]