Chekipon BLOG  
ログイン

JOB FOR A COWBOY /

2009年08月26日22:35:08





今日はアメリカはアリゾナ出身のブルータル・デス・メタル・バンド『JOB FOR A COWBOY』の

2ndアルバム『RUINATION』を紹介します。



デス・コアと言うシーンの先駆者的存在の『JOB FOR A COWBOY』の

待望の2ndアルバムがリリースされました。

メイン・ソングライターだったギタリストが脱退しドラマーも交代すると言う変化がありましたが、

基本的なスタイルは変わりません。

正直彼らが何故デス・コアと呼ばれるのか疑問に思うわけで、

彼らのスタイルはオーセンティックなブルータル・デス・メタルだと思います。

複雑に切れ込むスピーディーでテクニカルなリフの応酬は1stアルバム以上に加速しています。

絶叫とグロウルを巧みに使い分けるヴォーカルも聴き応えがあります。



間違いなくこれはピュアなデス・メタルと言えるわけですが、

案外とデス・メタル嫌いなメタル・ファンにも聴けるアルバムなような気もします。

ヴォーカル以外の部分は意外にメタル的に思えるのは私だけ!?



JOB FOR A COWBOY / RUINATION

01.Unfurling a Darkened Gospel

02.Summon the Hounds

03.Constitutional Masturbation

04.Regurgitated Disinformation

05.March to Global Enslavement

06.Butchering the Enlightened

07.Lords of Chaos

08.Psychological Immorality

09.To Detonate and Exterminate

10.Ruination

METAL BLADE (3984-14744-2)



〝Unfurling a Darkened Gospel〞のPVをどうぞ



Posted by アナログ・キッド Comments(0)