Chekipon BLOG  
ログイン

MASTEDON /

2010年03月30日22:11:55





今日はアメリカ出身の『MASTEDON』の3rdアルバム『3』を紹介します。



80年代前半『KANSAS』のシンガー/キーボーディストとして在籍した〝ジョン・エレファンテ〞が

80年代半ば『KANSAS』解散後に実兄の〝ディノ・エレファンテ〞と結成した『MASTEDON』の

約19年振りとなる3rdアルバムです。

そのキャリアからも想像出来るように産業ロック的なアメリカン・プログレ・サウンドが

爽快なアルバムです。

とりわけ10分以上に及ぶ大作〝One Day Down By The Lake (See You Real Soon)〞

では 『KANSAS』のギタリスト〝ケリー・リウグレン〞が参加しており、

『KANSAS』的なドラマティックなナンバーに仕上がっています。

全体的にはプログレ色は薄く『BOSTON』や『FOREIGNER』的な産業ロックと言う印象が強く、

ジョンの声質がどこか〝ジョー・リン・ターナー〞的で曲によっては

『RAINBOW』(勿論ジョー在籍時代)的なナンバーもあります。



ボーナス・トラックには『KANSAS』のヒット曲〝Dust In The Wind〞のカバーが収録されており、

『KANSAS』とは違ったアレンジで素晴らしい仕上がりです。



MASTEDON / 3

01.Revolution Of Mind

02.Slay Your Demons

03.Nowhere Without Your Love

04.One Day Down By The Lake (See You Real Soon)

05.Water Into Wine (Fassa Rokka)

06.Questions (It''s About Time)

07.You Can''t Take Anything

08.Lying

09.Western World

10.That''s What You Do

11.Dust In The Wind [bonus track]

FRONTIER RECORDS (FR CD 432)



〝Questions (It''s About Time) 〞の音だけどうぞ



Posted by アナログ・キッド Comments(0)