Chekipon BLOG  
ログイン

TEAZE /

2010年05月28日22:47:06





今日はカナダ出身の『TEAZE』の1978年リリースの2ndアルバム『ON THE LOOSE』を紹介します。



2008年9月14日にハード・ポップ・ロック特集でも取り上げたアルバムですが、先日CDを購入したので紹介したいと思います。

因みにCD化に伴って2曲追加されています。

当時はルックスの良さもあってかなり日本でも人気があった『TEAZE』で初来日公演はレコーディングされてライヴ盤までリリースされるほどでした。

私も1st2ndライヴ盤と当時購入しましたが来日公演を境に人気は下降線を辿り、

その後3rd4thとリリースしたようですが、日本盤がはリリースされてなかったと思います。



そんなわけで『TEAZE』はノリのいいメロディックでキャッチーなハード・ロックをプレイしていて

この2ndアルバムではそんなハード・ロック一辺倒ではない楽曲の幅を見せた素晴らしいアルバムに仕上がっていました。

産業ロック的な〝Stay Here〞、ポップ・ロックとも言える〝Tonight It''s Me〞、そしてカントリーテイストたっぷりの〝Sweet Misery〞

と言ったナンバーもアルバムに溶け込んでいて、今改めて聴いてみてもよく出来たアルバムだと思います。



これを機にCDされたアルバムを全て揃えようかなと思いました。



TEAZE / ON THE LOOSE

01.Gonna Have a Good Time Tonite

02.Stay Here

03.Ready to Move

04.Sweet Misery

05.Never Again

06.On the Loose

07.Nobody''s Fool

08.Lady Killer

09.Baby Why Can''t U

10.Tonight It''s Me

11.Gonna Have a Good Time Tonite [Alternate Mix]

12.Tonight It''s Me [Alternate Mix]

UNIDISC MUSIC (AGEK-2308)



とりわけ追加収録された2曲はオリジナルとそう大きな違いはありません。



〝Baby Why Can''t U 〞の音だけどうぞ







CD化に伴ってジャケットが変更されています。

リリース当時のジャケットはこちら。





Posted by アナログ・キッド Comments(0)