Chekipon BLOG  
ログイン

RICHIE BLACKMORE /

2015年12月30日23:17:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はイギリスの『RICHIE BLACMORE』の『THE RICHIE BLACMORE STORY (Blu-ray) + RAINBOW / LIVE IN JAPAN 1984』を紹介します。

来年ハード・ロック界に復帰することが決まった“リッチー・ブラックモア”の
インタビュー映像と1984年の日本武道館での『RAINBOW』のライヴ映像と
CD(2枚組)、計4枚組の限定盤です。

タイトル通り、リッチー自身が今までの人生を赤裸々に答えるインタビュー映像は
こんなにリッチーって喋るの!?って驚くほどに色々語ってくれています。
本編90分、特典映像60分弱のロングランです。

『RAINBOW / LIVE IN JAPAN 1984』はかつてはビデオ化されていたものと
全く同じ内容ですが、幾分画質はよくなったかな!?と言った感じ。
そう言ったことより、このライヴ映像が再び商品化されたことに意義があります。

まぁインタビュー映像はマニア向けなので、購入をお考えの方はRAINBOWの
ライヴDVDだけで十分でしょう。

THE RICHIE BLACMORE STORY (Blu-ray) + RAINBOW / LIVE IN JAPAN 1984
Disc-1/Blu-ray
01. The Ritchie Blackmore Story 
Dusc-2/DVD
01. Intro Medley 
02. Spotlight Kid 
03. Miss Mistreated 
04. I Surrender 
05. Can't Happen Here 
06. Catch The Rainbow 
07. Power 
08. Keyboard Solo 
09. Street Of Dreams 
10. Fool For The Night 
11. Difficult To Cure (Beethoven's Ninth) 
12. Guitar Solo 
13. Drum Solo 
14. Blues 
15. Medley: Stranded / Hey Joe 
16. Death Alley Driver 
17. Fire Dance 
18. Maybe Next Time 
19. Medley: All Night Long / Woman From Tokyo 
20. Lazy 
21. Since You've Been Gone 
22. Smoke On The Water 
BONUS FEATURE INTERVIEW
Disc-3/CD
01. Intro Medley 
02. Spotlight Kid 
03. Miss Mistreated 
04. I Surrender 
05. Can't Happen Here 
06. Catch The Rainbow 
07. Power 
08. Keyboard Solo 
09. Street Of Dreams 
10. Fool For The Night 
11. Difficult To Cure (Beethoven's Ninth) 
12. Guitar Solo 
13. Drum Solo 
Disc-4/CD
01. Blues 
02. Medley: Stranded / Hey Joe 
03. Death Alley Driver 
04. Fire Dance 
05. Maybe Next Time 
06. Medley: All Night Long / Woman From Tokyo 
07. Lazy 
08. Since You've Been Gone 
09. Smoke On The Water 
WARD RECORDS (GQXS-90064=7)

 

 

 

 

 

 

 

 

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MOTERHEADのLemmy死去

2015年12月29日23:11:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イギリスの伝説的ヘビーメタル・バンド『MOTERHEAD』は12月29日、
公式Facebookページを更新し、グループのリーダーで“レミー”こと
イアン・キルミスターが死去したと発表した。70歳。
26日に、進行が早い癌を患っていることを知ったばかりだった。
発売されたばかりの大好きなゲーム『ザ・レインボー』をやりながら
亡くなったという。

レミーの死について、グループの公式Facebookは、「今はただ、モーターヘッドや
ホークウインドといった、レミーの音楽を大音量でかけてください」とコメント。
さらに、「飲むなりして、愛すべき素晴らしい男の人生の物語を語り、
たたえてあげてください」とファンに追悼を促した。

また、ロック歌手のオジー・オズボーンさんはTwitterに「今日、親友の一人、
レミーを失った。非常に悲しく、惜しまれる。彼は戦士であり、伝説だった。
天国で会おう」と投稿した。

11月11日には元ドラマーのフィルシー・“アニマル”・テイラーが死んだ
ばかり。『MOTERHEAD』においては今年は厄年になってしまいました。

レミーと言われると、私はB級ホラー映画『悪魔の毒々モンスター・
新世紀絶叫バトル』にレミーが出演していたことを思い出します。
少しだけだけど台詞もあった(^^;

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SCORPIONS /

2015年12月28日23:33:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はドイツンの『SCORPIONS』のドキュメンタリー映画『FOREVER AND A DAY』
を紹介します。

フェアウェル・ツアーを追いかけ、過去の映像も多数収録し
バンドの有終の美をまとめたドキュメンタリー映画です。
まぁ結果的にバンドは継続することになったので
to be continuedと言うことになったわけですが。。。

色んなミュージシャンがインタビューに答えており
あのゴルパチョフまでも登場してコメントを残しています。
マイケル在籍時の初期のSCORPIONSの映像も多く出ており
私のようなオールド・ファンには涙チョチョ切れ(^^;

それにしても、どうしてこのフェアウェル・ツアーで日本にやって来て
くれなかったのかな~!?
タイまで来てたなら日本にも来てくれても良かったのに!
まぁRUSHと違って来日しない可能性ゼロのバンドではないので
来年とかでやって来て欲しい!

と言うわけで、ドキュメンタリー映画ですのでマニア向けです。

 

 

 

 

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEEN /

2015年12月27日23:38:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はイギリスの『QUEEN』のライヴ・Blu-ray『A NIGHT AT THE ODEON』を
紹介します.。

昨年リリースの『Live At The Rainbow '74 』も嬉しかったですが
今作はそれ以上に嬉しいライヴ作品になっています。
何より音質・画質が40年前とは思えない良好です。
パフォーマンスも素晴らしく、加えて『オペラ座の夜』リリース直後のライヴ
なので“Bohemian Rhapsody”がプレイしているところが見どころ。
まぁここはメドレー形式になっており、上手くKiller Queenに唾がるアレンジに
なっています。

まぁオペラ座の夜のその他の曲をプレイしていないところが不満だったりも
しますが、初期のまだまだハード・ロックしていたQUEENの若々しいライヴが
見れて、私のようなオールド・ファンには涙もののライヴです、

ボーナス映像の武道館のライヴ映像は音質・画質ともブート並ですので
お気をつけ下さい。

来年もお蔵出し映像、期待してますよ~!

QUEEN / A NIGHT AT THE ODEON
A NIGHT AT THE ODEON
Recorded Live at The Hammersmith Odeon
December 24th 1975
01. Now I'm Here
02. Ogre Battle
03. White Queen (As It Began)
04. Bohemian Rhapsody
05. Killer Queen
06. The March Of The Black Queen
07. Bohemian Rhapsody (Reprise)
08. Bring Back That Leroy Brown
09. Brighton Rock
10. Guitar Solo
11. Son And Daughter
12. Keep Yourself Alive
13. Liar
14. In The Lap Of The Gods... Revisited
15. Big Spender
16. Jailhouse Rock (Medley)
     Stupid Cupid~Be Bop A Lula
17. Seven Seas Of Rhye
Bonu Items
LIVE IN JAPAN '75
Recorded Live at The Budokan、Tokyo
May 1th 1975
01. Now I'm Here
02. Killer Queen
03. In The Lap of The Gods...Revisited
LOOKING BACK AT THE ODEON
Previously Unreleased 22 Minute Documentary
EAGLE VISION (EVSBD30980)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GALNERYUS /

2015年12月26日23:37:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は日本の『GALNERYUS』の10thアルバム『UNDER THE FORCE OF COURAGE』を紹介します。

日本を代表するメロディック・パワー・メタル・バンド『GALNERYUS』の
バンド史上初のコンセプト・アルバアムとなるニュー・アルバムです。
実は私、アルバム買うのはこれが初めて(^^;

どうして10作目にして初めて購入することにしたかと言うと
コンセプト・アルバムであったと言うこと。
オープニングは静かなギターソロから映画音楽のようなSEに繋がれると
2曲はプログレ・メタル全開のインスト・ナンバーへと導かれ
この時点で私はやられてしまいました(^^;

その後はあのGALNERYUS節が炸裂しまくるスピード・チューンと
超高速のテクニカルなギター・ソロ満載のナンバーのオンパレード。
まぁそのテンション以上にやはりこのバンドは曲がとてもいい!
その昔ヒット曲も生んだ小野正利さんの衰えをを知らないハイトーンも
変わらず素晴らしい。

来春の全国ツアーには是非足を運びたいと思います。

GALNERYUS / UNDER THE FORCE OF COURAGE
01. PREMONITION
-Suite First Movement-
02. THE TIME BEFORE DAWN
03. RAISE MY SWORD
04. THE VOICE OF GRIEVOUS CRY
05. RAIN OF TEARS
I. Reminiscence
II. Rain Of Tears
III. NiVAPghtmare
IV. Endless Confliction
V. Rain Of Tears (Reprise)
-Suite Second Movement-
06. REWARD FOR BETRAYAL
07. SOUL OF THE FIELD
-Suite Third Movement-
08. CHAIN OF DISTRESS
09. THE FORCE OF COURAGE
I. The Sense Of My Life
II. Dream And Reality
III. Just For The Faith
IV. Pray To The Sky
VAP (VPCC-81852)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

OCTAVIAGRACE /

2015年12月25日23:33:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は日本の『OCTAVIAGRACE』の2ndミニ・アルバム『RECILLECT STORIA』を
紹介します。

昨日紹介した『ROMAN SO WORDS』でもヴォーカルを務める“実稀”擁する
『OCTAVIAGRACE』のニュー・アルバムです。

前作ではどこか頼りなく聴こえた実稀のヴォーカルもかなり安定しており
何より楽曲のクオリティが格段にアップしています。
メロディックでテクニカルなフレージングを随所にフィーチャーし、
とにかくキャッチーなメロディが心地いい!
ギター・ソロの組み立て方も素晴らしく、そのテクニック以上に
メロディ・センスに脱帽です。

早くフル・アルバムで聴いてみたいです。

OCTAVIAGRACE / RECOLLECT STORIA
01. Albescence
02. Aurally Lover
03. 追想列車
04. アザーブルー
disk union (WLKR-011)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROMAN SO WORDS /

2015年12月24日23:20:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は日本の『ROMAN SO WORDS』の6thアルバム『Es』を紹介します。

元『MinstreliX』のYui(key)と『OCTAVIAGRACE』の己稀(Vo)[OCTAVIAGRACE
では実稀]のユニットの3年ぶりとなるニュー・アルバムです。
私は初めて聴きました。

各位で言われていた通りのメロディックでファンタジックなサウンドで
とりわけメタルだけに留まらない多種多様な音楽性が展開される
フェアリーな世界観満載のアルバムに仕上がっています。

とりわけ6曲目の“Sophia Rose”は27分に及ぶ組曲となっており
壮大な一大ロック絵巻となっています。

なかなか良かったです。
己稀のヴォーカルもここではとてもナチュラルで
甘く切ない楽曲のカラーにピッタリまはっています。
 
ROMAN SO WORDS / Es
01.Belcerious 
02.Celestie 
03.Falco 
04.Mia 
05.Claude 
06.Sophia Rose
ⅰ) Sophia Rose
ⅱ) Fallen Angels
ⅲ) Consciousness
ⅳ) Overlord
ⅴ) Demons Hunting
ⅵ) Es ⅶ) Em
Roman So Words (RSW-006)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ETERNAL EXCALIVER /

2015年12月23日22:44:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は日本の『ETERNAL EXCALIVER』の1stアルバム『宿命~ETERNAL BATTLESHIP~』を紹介します。

『PHANTOM EXCALIVER』のMatsu(Vo、G、B)によるかプロジェクト
『ETERNAL EXCALIVER&』び1stアルバムです。
とは言え、私は全く知らない(^^;
値段が安かったので何となく購入した次第です。

サウンドはグロウルとクリーンと使い分けるスピード感のある
メロディック・デスと言えるものです。
故にチル・ボドっぽいとこもありますが、日本人らしい
J-ROCKにも通じるメロディーもあったりします、

サウンド的にはなかなかいいものがありますが
個人的にグロウルの日本語が受けつけないです。

ETERNAL EXCALIVER / 宿命~ETERNAL BATTLESHIP~
01. HOME OF SPIRITS
原題 : 秋の鎮守府(インスト)
02. OVER THE RAINBOW
原題 : 華の二水戦
03. FINAL ROYALE
原題 : 我、敵機動部隊と交戦す
04. KILL YOUR EYES
原題 : 眼下の伊号
05. Devotion to Black
原題 : 決戦!鉄辺海峡を抜けて
06. HOLY MISSION ~命を背負いし者達~
原題 : MI 作戦 ボス戦
07. 宿命~ETERNAL BATTLESHIP~
原題 : 渾作戦 1面ボス戦
08. TRAUMA (Bonus Track Remake ver)
原題 : 次発装填、再突入!
09. HOLY MISSION ~命を背負いし者達~ (カラオケ)
10. 宿命~ETERNAL BATTLESHIP~ (カラオケ)
(EEX001)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GREG LAKE & GEOFF DOWNES /

2015年12月22日22:24:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はイギリスの『GREG LAKE & GEOFF DOWNES』の『RIDE THE TIGER』を
紹介します。

『EMERSON LAKE & POWELL』が活動休止、『ASIA』も活動を休止していた頃
2人が立ち上げた幻のプロジェクトが1989年~1990年にレコーディングした
音源が目出度く日の目を見ました。
因みにレコーディングには2人と、ドラマーに『KING CRIMSON』の
初代ドラマーだった“マイケル・ジャイルズ”が参加。

サウンド的にはASIA的なソフトなロックと言う感じで
さほどプログレッシヴな劇的な展開などはありません。
あくまでもグレッグの歌を聴かせる歌モノと言えるでしょう。

リラックスした印象のユニットで、マニア向けでしょうね。
とりわけ“Love Under Fire”はその後ASIAの『AQUA』でレコーディングし
“Affaires of The Heart”も再結成のEL&Pの『BLACK MOON』でプレイしています。

GREG LAKE & GEOFF DOWNES / RIDE THE TIGER
01. Money Talks 
02. Love Under Fire 
03. Affairs of the Heart 
04. Atreet Wars 
05. Check it Out 
06. Blue Light 
07. Love Under Fire (alternate mix) 
Manticore (MR002)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

押尾コータロー at サンケイホール ブリーゼ

2015年12月21日22:42:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日は大阪はサンケイホール・ブリーゼであった『押尾コータロー』の
『クリスマス スペシャルライヴ2015』に行ってきました。
この季節には恒例の行事で、今年は18日~20日と開催され
18日は世良公則、19日が小原孝、そして昨日がDEPAPEPEと言うゲストでした。

私は開催された1回目から欠かさず1日だけですが参加しているわけで
とりわけ常連となっているDEPAPEPEの日に極力行けるようにしています。
今年も最終日の日曜とあって、DEPAPEPEの日は即日SOULD OUTの人気ぶりでした。

セットリスト
01. Merry Christmas Mr. Laurence / 押尾コータロー
02. Smile / 押尾コータロー
03. The Godfarther Medley / 押尾コータロー
04. Mission Impossible Theme / 押尾コータロー
05. SUNNY / DEPAPEPE
06. Route128 / DEPAPEPE
07. KISS / DEPAPEPE
08. Calling You / 押尾コータロー with DEPAPEPE
09. Dinosaur Dance / 押尾コータロー with DEPAPEPE
10. シュプール / 押尾コータロー with DEPAPEPE
11. Charge & Go / 押尾コータロー with DEPAPEPE
12. DEPAPEKOのテーマ / 押尾コータロー with DEPAPEPE
13. FLOW / 押尾コータロー with DEPAPEPE
14. Big Blue Ocean / 押尾コータロー with DEPAPEPE
15. HARD RAIN / 押尾コータロー with DEPAPEPE
encore
16. 赤鼻のトナカイ / 押尾コータロー with DEPAPEPE (Off Guitar)
17. ONE / 押尾コータロー with DEPAPEPE
18. 翼~You are The HERO~ / 押尾コータロー with DEPAPEPE
19. Happy X'mas (War Is Over) / 押尾コータロー with DEPAPEPE
20. MOTHER / 押尾コータロー

ライヴは3時間を超えて、とにかく終始笑いが絶えないライヴで、
トークで遊び、そしてギターでも遊ぶ、ギターを弾くことと話すことが
大好きな3人のやりたい邦題(いい意味で)の楽しいライヴでした。

ただずっと思っている、去年も書いたBig Blue Oceanのウェイヴは要らないし
Happy X'mas (War Is Over)も要らないと言う気持ちは変わりません。

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)