Chekipon BLOG  
ログイン

BURRN! 5月号

2015年04月06日22:38:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

週末、バタバタしていて買うの忘れてたBURRN!、今日買ってきました。

表紙は先日ラストツアーで来日したMOTLEY CRUEのニッキー・シックスさん。
ライヴ・レポートはJUDAS PREISTにARCH ENEMYにURI JON ROTHと言った
ところが目玉ですね。

他にHM/HRバンドの傑作・名作・お気に入りのカヴァー曲10曲と言う企画が
面白かった。
へ~こんなバンドがあんな曲を!?
とりわけIN FLAMESがWorld of Promisesをカヴァーをしていたとは
知らなかった。ってどこに収録されているのか!?

で、今月号のBURRNに一番驚いたことは裏表紙の広告が音楽関連ではないこと。
いよいよ音楽関係の会社のスポンサーだけでは広告収入が取れなくなったか!?

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ジミー・ペイジ、『フィジカル・グラフィティ』について熱弁

2015年04月04日23:31:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『rockin’on』2015年5月号ジミー・ペイジインタヴュー掲載

リマスター・プロジェクトの第3弾『フィジカル・グラフィティ』を
2月にリリースしたLED ZEPPELIN.
同プロジェクトの監修も務めているジミー・ペイジの単独インタヴューが、
発売中のロッキング・オン5月号に掲載されている。

インタヴューの中でペイジは
「この作品のリハーサル中に、ある曲を演奏していてそれが前にやったことに
ちょっとでも似ていたらもう問答無用、その場でそれを消し去って、
すぐ他のものに進んでいたんだよ。
そうやって、常に尖った部分を保っていたんだね。
型にはまったバンドには見られたくなかった。まあ実際、そういうバンドでは
決してなかったけれどね」と
『フィジカル・グラフィティ』制作当時のLED ZEPPELINを振り返った。

これぞまさしく拡散美と言われる所以となる発想ですな。
それほど色んなアイデアが当時のジミー・ペイジにはあっとと言うことですね。
まぁ音源もありがたいけど、一連のコンパニオン・ディスク・シリーズが完結
したら秘蔵の映像とかを出して欲しいな。

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

David Lee Roth復帰のVAN HALEN、TVライヴ映像が一挙公開

2015年04月03日23:31:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デヴィッド・リー・ロス復帰のヴァン・ヘイレン、
TVライヴ映像が一挙公開に2013年に行われた東京ドーム公演のライヴ盤
『Tokyo Dome Live in Concert』を3月31日(火)にリリースした『VAN HALEN』が
米TV番組「Jimmy Kimmel Live」に出演し、“Ain't Talkin' 'Bout Love”
"Panama"“Runnin' with the Devil" "Eruption" “You Really Got Me”
"Hot for Teacher"のパフォーマンスを披露した。

同パフォーマンスはデヴィッド・リー・ロスがバンドに復帰後の
初TVライヴ出演となった。

東京ドームのライヴ盤、買ってません。聴きたいのは山々だけど。
とにかく映像作品のリリースを望む!!!

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

JUDAS PRIEST『British Steel』の35周年記念コーヒー豆が登場

2015年04月02日23:01:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジューダス・プリーストは1980年の傑作『ブリティッシュ・スティール』の
リリース35周年を記念して、米シカゴのコーヒー豆販売会社
ダーク・マター・コーヒーから特製コーヒー豆を販売する。

この特製コーヒー豆「ブリティッシュ・スティール」にはアルバム収録曲
"グラインダー"と最新作に収録の"スネイクバイト"を収録した
カセット・テープ・シングルがもれなくついてくるとのことで、
4月14日に発売されるとか。

ダーク・マター・コーヒーでは次のように今回の特製豆
「ブリティッシュ・スティール」を紹介している。

『ブリティッシュ・スティール』ほど切れ味の鋭い作品がかつてあっただろうか。
いや、ない! この記念碑的な作品を構成する楽曲群はバンドを知らなかった
幅広いリスナー層を捉えるという記録的な成功をもたらすと同時に、
まだ成立して間もなかったメタルという勢いに満ちたジャンルにどっぷりと
ハマっていたリスナー層には数々のアンセムを提供することにもなったのだった。
ジューダス・プリーストはこの剃刀のような混沌をぼくたちの意識に投げ込み、
以来、ぼくたちは永遠にもとには戻れなくなってしまったのだ! その類を見ない
アタックで知られる、容赦ない暴走列車のようなこの作品の燃料となるものは
絶え間なく煮えたぎるような活力に満ちていなければならない。
コーヒー・カップにいくら注がれても、いくら罪を重ねても、
じっくり淹れた原液はほとばしるようではなくてはだめなのだ。
偽りのコーヒーには死あるのみ!

なお、ダーク・マター・コーヒーのオフィシャル・サイトによると、
同商品は注文殺到のため予約限定販売となることが決定した模様。

コーヒー豆「ブリティッシュ・スティール」はこちらから。
http://www.darkmattercoffee.com/products/judas-priest-british-steel

18ドルだそうです(^^;
それにしてもメタルとコーヒー、何か合わないような!?
でもどんな味なのか飲んでみたい。
イメージ的にキリマンジェロ風の味か!?

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ZEP“Trampled Under Foot”初期音源公表

2015年04月01日22:49:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨年スタートしたリマスター・プロジェクトの第3弾として、
2月25日(水)に『フィジカル・グラフィティ』(1975)をリリースした
LED ZEPPELINが、同アルバム収録のナンバー“Trampled Under Foot”の
ラフ・ミックス・ヴァージョンである“Brandy & Coke”の
インタラクティブ・ビデオを公開した。

近日中にはこのアルバムを紹介しようとは思っているんですが。。。
1枚の遅れているCDの為に某オンラインからまだ届かない(><)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)