Chekipon BLOG  
ログイン

THE PINEAPPLE THIEF /

2014年12月15日00:04:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は第2日曜と言うことでインターネット・ラジオ『ROCK BOTTOM』の
放送でしたが、とんだアクシデント(トラブル!?)で放送出来ませんでした。
放送は前の番組が引き続いて私の時間帯もやりました。

そんなわけで今日はイギリス出身の『THE PINEAPPLE THIEF』の10thアルバム
『MAGNOLIA』を紹介します。

10作目と言うことですが私は初めて聴きました。
ネオ・プログレのジャンルに属すると言うことで
私はてっきりポンプ・ロック的なサウンドを想像してましたが
殆どニュー・ウェイヴと言った印象のあるサウンドです。
確かにヘヴィなギターのリフなどもありますが
飽くまでもアレンジの一貫と言った感じで
ニュー・ウェイヴ系のバンドがちょっとオルタナティヴなロックを
プレイしていると言う表現が的確でしょうか!?

とは言えどこか牧歌的な叙情性のあるナンバーも多数あり
そんなところはいかにもイギリスのバンドならではと言ったところでしょうか。

THE PINEAPPLE THIEF / MAGNOLIA
01. Simple As That
02. Alone At Sea
03. Don't Tell Me
04. Magnolia
05. Seasons Past
06. Coming Home
07. The One You Left To Die
08. Breathe
09. From Me
10. Sense of Fear
11. A Loneliness
12. Bond
SNAPPER MUSIC PIC. (KSCOPE283)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ARCH ENEMY 来日決定

2014年12月09日23:05:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARCH ENEMYの来日が決定しました。
日程は以下の通りです。

2015年03月02日(月) 東京 渋谷 O-EAST
2015年03月03日(火) 東京 渋谷 O-EAST
2015年03月04日(水) 愛知 名古屋 The Bottom Line
 2015年03月05日(木) 大阪 大阪 BIG CAT
 2015年03月06日(金) 広島 広島 Club Quattro

Michael Amottのコメント:
 "俺達の最新作 "War Eternal" に日本のファンの皆から
大反響を得ることが出来たり、去る10月のLoud Parkでの
ヘッドライニングショウにも信じられないほどの反応をもらえたから、
月の日本でのヘッドラインツアーにものすごくエキサイトしてるよ !
俺達はこの機会に(通常よりも)長いセットリストを準備していく
つもりなんだが、ニューアルバムから更に多く曲を入れて、
ちょっとしたクールなサプライズも用意しようかと考えているところさ!
3月に会おう!

新加入のJeff Loomis(G.)にちょっと興味あるんで見てみたいですが
全公演見事に平日縛りですね(^^;
社会人的日程!?
って大阪公演のこの週末ってJUDAS PRIESTがあるわ(^o^)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ダイムバッグ・ダレルの命日

2014年12月08日22:46:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月8日と言うと世間的にはジョン・レノンの命日として有名ですが
ちょうど10年前の今日、PANTERAのギタリスト“ダイムバッグ・ダレル”
が死んだ日でもあります。
奇しくもジョン・レノンと同じ凶弾に倒れたわけで
生きていたらまだまだバリバリの現役でプレイしていたでしょう。

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RUSH /

2014年12月07日23:31:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は先日も紹介した『RUSH』の『R40〜ラッシュ40周年記念BLU-RAY6枚組ハードカバー56Pブック仕様コレクターズ・エディション【数量限定生産500セット/日本語字幕付】』を紹介します。

2000年代になってリリースされた既発ライヴ・ビデオのBlu-ray仕様の
RUSH IN RIO
R30
SNAKES & ARROWS
TIME MACHINE TOUR 2011
CLOCKWORK ANGELS TOUR
とお蔵出し映像が収録されたR40・エクストラ・ボーナス・ディスクの
豪華6枚組BOX(!?)セットです。

勿論既発の作品は全て持っていますが、RUSH IN RIOとR30以外は輸入盤で
字幕スーパー付きは確かに助かる仕様でしたし
加えてRUSH IN RIOとSNAKE & ARROWSはDVD仕様ですのでBlu-ray盤は
欲しかったディスクでした。

内容的なことは既発のものは割愛するとして
ファンはやはりボーナス・ディスクの映像が気になるわけで
1974年のジョン・ラッツィ在籍時代のライヴ映像がなかなか興味深ったです。
その後脱退してしまうジョンがMCを担当していて
バンドのリーダー的存在なのがちょっと面白いです。
1976年の映像はモノクロですが、ニール加入後の映像で
明らかにバンド自体がパワーアップされており、
勿論音楽性にも大きなな変化が見られる本来のRUSHの姿が見れます

ロック&ロール ホール・オブ・フェイム 2013 の映像はWOWOWで放送済み
なのでこれは個人的には珍しくない映像。
正直1980年代初頭、EXIT...STAGE LEFTのカットされているナンバーが
観たかった!!!
R50ではEXIT...STAGE LEFTの完全版発売を願う!

■『ローラ・シーコード・セカンダリー・スクール 1974』(約39分)
:ジョン・ラッツィ在籍時、カナダ / セントキャサリンズでステージ
全編ライヴ映像
01.ニード・サム・ラヴ
02.ビフォー・アンド・アフター
03.ベスト・アイ・キャン
04.アイヴ・ビーン・ランニング
05.バッド・ボーイ
06.ザ・ルーザー
07.ワーキング・マン
08.イン・ザ・ムード(一部)
■『キャピトル・シアター 1976』(約37分):アメリカ/ニュー・ジャージー州
パセーイクでのモノクロ・ライヴ映像
01.バスティーユ・デイ
02.心の賛美歌
03.レイクサイド・パーク
04.2112 1)序曲 / 2)シリンクスの寺院 / 3)発見 / 4)提示 / 5)神託/夢
/ 6)独白 / 7)偉大なる終楽章
05.夜間飛行~イン・ザ・ムード 
■「ロック・アンド・キー 1988」(約5分):過去レーザーディスク
『A SHOW OF HANDS』にのみ収録されていた、
イギリス/バーミンガムでのライヴ映像。
■『モルソン・アンフィシアター 1997』(約66分):活動一時休止直前に
カナダ/トロントで行われたライヴ映像。
01.ライムライト
02.ハーフ・ザ・ワールド
03.リンボ
04.ヴァーチュアリティ
05.ノーバディーズ・ ヒーロー
06.テスト・フォー・エコー
07.リーヴ・ザット・シング・アローン / ドラム・ソロ
09.2112 1)序曲 / 2)シリンクスの寺院 / 3)発見 / 4)提示 / 5)神託/夢
/ 6)独白 / 7)偉大なる終楽章
■『アイ・スティル・ラヴ・ユー・マン 』(約6分):メンバーがカメオ出演した
映画『I Love You, Man』の続編的なショート・フィルム。
『タイム・マシーン・ツアー』のステージ終了後、
エンディングで使用されていた映像。
■『ロック&ロール ホール・オブ・フェイム 2013 イントロダクション』
(約33分):2013年、ロックの殿堂入りを果たしたラッシュの
「Rock & Roll Hall Of Fame」セレモニーでの模様。
フー・ファイターズのデイヴ・グロール、テイラー・ホーキンスらと
メンバーによるライヴ映像も収録。
01.2112 1)序曲 feat.デイヴ・グロール、テイラー・ホーキンス&
ニック・ラスクリネッツ
02.トム・ソーヤ
03.ザ・スピリット・オブ・レイディオ

まぁRUSHには糸目を付けないファンは多いと思いますから
この金額が妥当なのかどうか分かりませんが確かに単体を日本盤で
書い揃えるよりは安いです。
ブックレットの写真もカッコいいですしね。
ただ最大の汚点はRUSH IN RIOです。
オリジナルが1,280×720サイズだったのをフルサイズにしてしまったからか
画質があまりにも酷い状態になっています。
そう、DVDよりも悪い画質です。

因みに限定500セットが予約段階で完売し、急遽追加で来年1月16日に
24,800円(税別)で販売することが決定しました。

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BURRN!2015年1月号

2014年12月05日23:31:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はBURRN!の発売日。
表紙はデビ・
カバさん。


久しぶりの面白いと思えるBURRN!になってます。
インタビューも、LOUD PARKをはじめとするライヴ・レポートも
興味のあるバンドが多くて良かったです。

それにしてもBURRN!は日本のレディース(女性ヴォーカル)のバンドを
かなり紹介してますが、BABYMETALは紹介しませんね

やっぱ演奏してないとダメなんでしょうかね!?

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

トミー・ボーリンの命日

2014年12月04日22:48:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月に入るとすぐ私の脳裏に過るのはトミー・ボーリンのことです。
そう今日12月4日はトミー・ボーリンの命日。
もう38年も過ぎてしまいました。
と言うことはこう言う音楽を聴き出して38年以上も経つわけで、
60歳になっても70歳になっても聴いてるでしょうね。

そんな今日が命日のトミー・ボーリン、
ドラッグにハマらなかったら25歳と言う若さで死ぬことはなかったでしょうし、、
絶対その後も素晴らしいアルバムを作っていたでしょうし、
勿論来日もしていたでしょうし、
当然ライヴにも足を運んでいたでしょうし、
私にとっては特別なギタリストの1人です。

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RUSH R40 発売日

2014年12月03日22:43:00





















 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日12月3日は待ちに待った『RUSH』の『R40』の発売日。
そんなわけで無事届きました。

世に存在する『R40』国内盤Blu-ray500枚の内の1枚がこれ(^^;
とにかくデカい!
追々紹介したいと思います。





 

 

 

 

 

 






















  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MOONLIGHT CIRCUS /

2014年12月02日23:49:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はイタリア出身の『MOONLIGHT CIRCUS』の2ndアルバム
『MADNESS IN MASK』を紹介します。

何と13年振りとなる2013年にリリースされた2ndアルバムです。
BURRN!で紹介されていたので購入してみたわけですが
プログレ・メタルと称されていますが、これは様式美メタルと言えます。
ネオ・クラシカル系のギターとシンフォニックなキーボードなど
日本人好みのサウンドだとは思うのですけど
如何せんヴォーカルがちょっとお粗末。
いい言い方をすればSYMPHONY Xのラッセル・アレンを意識した
ちょっとダーティな声質なのですが、粗さばかりが目につきます。

サウンド・プロダクションもイマイチで正直B級メタルと言った
印象のアルバムでした。
ヴォーカルが違っていればかなりいい音楽だと思うんですけど
残念です。

MOONLIGHT CIRCUS / MADNESS IN MASK
01. The Duel (Black From The Edge of Time)
02. Mountains of Madness
03. Winter Masquerade
04. Lord of Sansds
05. Twilight Sky (Children of The Rainbow)
07. Wind of Solitude
08. Gabriel
IceWrrior Records (IWR18)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ENCHANT /

2014年12月01日22:18:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はアメリカ出身の『ENCHANT』の7thアルバム
『THE GREAT DIVINE』を紹介します。

デビュー・アルバムは1993年とかつては日本盤もリリースされていた
プログレ・メタルの古参『ENCHANT』の2003年『TUG OF WAR』以来となる
ニュー・アルバムです。

まぁこの11年もの間、バンドは何をしていたのか(解散してた!?、休止!?)
分かりませんが、このブランクが嘘のような素晴らしいアルバムに
仕上がっています。
彼等の持つポンプ・ロックに近いメロウな世界観と
DREAM THEATER的なハードでテクニカルなパッセージを上手くブレンドした
プログレ・メタル・サウンドが構築されており
何より前作から正式に加入したキーボード奏者“ビル・ジェンキンス”の
卓越したプレイが大きな聴かせどころになっています。
とりわけヘヴィに攻めるボーナス・トラックの“Prognosticator”での
バンドのアンサンブルは実にスリリング!

あのENCHANTが見事に復帰してくれました!
ここに来て2014年を代表する1枚の登場か!?って感じです。
叙情性の強いプログレ・メタルがお好きな方が是非どうぞ。

ENCHANT / THE GREAT DIVINE
01. Circles 
02. Within An Inch 
03. The Great Divide 
04. All Mixed Up 
05. Transparent Man 
06. Life In A Shadow 
07. Deserve To Feel 
08. Here And Now 
09. Prognosticator (Instrumental) [Bonus Track]
INSIDE OUT (0629-2)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)