Chekipon BLOG  
ログイン

jimmy Page写真集発売イベント

2014年09月29日22:09:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジミー・ペイジ、10/9に公式写真集刊行記念イベント
「ジミー・ペイジに会おう!」開催ジミー・ペイジ出演のファン交流イベント


「ジミー・ペイジに会おう!」が、10月9日(木)に
紀伊国屋書店・新宿南店で開催されることが明らかになっている。

ジミー自らが手がけた公式写真集『Jimmy Page』の刊行を記念して
200名限定で行われるこのイベントは、日付入りの限定Zosoスタンプを
ジミー・ペイジ本人が同写真集に捺印し、参加者一人一人と握手するというもの。
参加には整理券の予約が必要で、紀伊國屋書店・新宿南店のイベント受付窓口では
10月4日(土)午前10時から電話予約受付がスタートする。

イベントの詳細は以下の通り。

■「ジミー・ペイジに会おう!」
日時
2014年10月9日(木) 18:00開場 18:30開始~ ※最終入場受付19:30

会場
紀伊國屋書店・新宿南店7階 サザンシアター

参加方法
イベント参加には整理券が必要です。
本体7,000+税 お一人様一枚限り・先着200名。
整理券予約受付:2014年10月4日(土)午前10時
予約電話番号:03-5361-3519
(紀伊國屋書店新宿南店イベント受付窓口 /受付時間10:00~17:00)
※電話予約後の参加券キャンセルはご遠慮下さい。
※同店に繋がる他の電話番号にかけられても整理券予約は行えませんので
ご注意下さい。
※ご予約された方は、10月4日(土)からイベント当日までの間に、
紀伊國屋書店新宿南店6階Books Kinokuniya Tokyoレジカウンターにて
代金(本体7,000+税)をお支払いの上、
整理券をお受け取り頂き会場へお持ちください。

更なる詳細は以下のサイトで御確認下さい。
http://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Shinjuku-South-Store/20140925101210.html

『Jimmy Page』はジミーが過去のアーカイブより自らセレクトした
写真600枚を含み、本人の言葉で語られる自伝的写真集で、
2010年に2500部限定で発売された超豪華版は数週間で完売している。
今回はイベントに際し紀伊國屋書店で全世界先行発売となり、
同書店での購入者には限定付録としてGenesis社による
和訳パンフレットが配布されるという。

ジミーさん、アイドル並のプロモーションですね(^^;
チェキもしてあげたら~!?

 

 

 

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

LED ZEPPELIN試聴会イベント開催

2014年09月28日23:36:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10月29日(水)にリマスター・プロジェクトの第2弾として
レッド・ツェッペリンⅣ』(1971)と『聖なる館』(1973)を
リリースするレッド・ツェッペリン。
これら2作品からジミー・ペイジが厳選した楽曲をいち早く聴くことができる
試聴会イベントが10月10日(金)に都内で開催されることが明らかになっている。
抽選で200名が無料参加可能で、応募専用サイトでは10月2日(木)23:59まで
エントリー受付が行われている。
当日はジミー・ペイジ本人の参加も予定されているという。

イベントの詳細は以下の通り。

■Led Zeppelin試聴会イベント
日時:2014年10月10日(金)18:00開場/19:00開演(予定)
場所:東京都内某所(23区内)
※会場名はご当選者様のみに通知されます。

※対象作品からジミー・ペイジが厳選した楽曲の試聴イベントとなります。
※ジミー・ペイジ本人の参加に関しては、諸事情により、
やむを得なく急遽中止になる可能性もございます。

 【応募受付期間】
2014年9月26日(金)10:00~10月2日(木)23:59

【当選者の発表】
 当選者様にのみ、応募時にご登録いただいたメールアドレスに
当選通知メールが送付されます。
 当選通知メールが届かなかった方は落選となります。

 更なる詳細とご応募は以下のサイトから。

10/10 Led Zeppelin試聴会イベント応募受付サイト
http://wmg.jp/w/m/2849 (PC、携帯共通)

またジミーさんやってきますか!
ほとんどセールスマン状態!?

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

WHITESNAKE、伝説のスーパーロック''84奇跡のリリース

2014年09月26日23:21:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホワイトスネイク、伝説の<スーパーロック '84>奇跡のリリース!


コージー・パウエルにニール・マーレイ、そこにジョン・サイクスと
もちろんデヴィッド・カヴァーデイルという、
史上最強メンバーよるホワイトスネイクの<スーパーロック '84>での
ライブ映像が10月29日に発売となる。
タイトルは『スーパーロック '84+ジョン・ロード・ホワイトスネイク最終公演』だ。

1984年の夏に行なわれた<スーパーロック '84>は、
野外フェスの先駆けともいうべき画期的イベントだった。
ホワイトスネイクとマイケル・シェンカー・グループを
ダブル・ヘッドライナーに据え、絶頂期のスコーピオンズ、
デビュー間もない頃のボン・ジョヴィ、さらには近年、
ドキュメンタリー映画公開とともに再評価熱の高まったアンヴィルという
豪華な顔ぶれが、名古屋、福岡、大阪、そして埼玉の西武球場を
サーキットして回るというビッグドリームだった。
いくつもの名場面が生まれたが、なかでもコージー・パウエル(Dr)、
ジョン・サイクス(G)を擁するラインナップでのホワイトスネイクは、
多くのロックファンの間で語り継がれてきた名演を繰り広げた。

こちらの映像自体は、かつてVHS及びレーザーディスクとして一度だけ
リリースされたものだが、こうしてDVD化を迎えるまでに30年もの時間を
要することになったのは、権利関係が不透明だったことに加え、
マスター映像の所在が不確かな状態にあったからだった。

ホワイトスネイクのデヴィッド・カヴァーデイルと現在のマネージメントは、
これまでにも『ライブ・アット・ドニントン1990』や
『メイド・イン・ジャパン~ライブ・アット・ラウドパーク11』といった
CD/映像作品の日本リリースを手掛けてきたワードレコーズに対し、
この映像素材の捜索を正式に依頼、2013年10月から日本国内で
マスター映像の捜索が続けられてきた。

このイベントのMCを務めた伊藤政則の記憶をもとに丹念な捜索が続けられ、
その結果、かつてこのライブ映像作品の制作を手掛けていた制作会社には
オリジナルの映像素材がもはや保存されていないことが判明してしまった。
この映像発掘を望んでいたデヴィッド・カヴァーデイル自身も
落胆しかけていたものの、当時の発売元だった東宝に編集後の
1インチのマスターテープ映像が最高の状態で保管されていたことがわかり、
それによって無事DVD化が実現できたという。
1984年当時「初のリニアPCM録音」が行われていたこともあり音質も良好だ。

あくまで編集後の完パケマスターのため、当時の商品そのままギター・ソロの
さなかにメンバーのコメントやツアー中の移動風景などが
インサートされるような場面も登場するものの、
むしろそれが伝えてくれる時代感も、2014年の現在にあっては
興味深いものとして映るものだ。

『スーパーロック '84+ジョン・ロード・ホワイトスネイク最終公演』は、
単なる復刻にとどまらず、2012年7月に他界してしまったジョン・ロード(key)
在籍時代最後のライブ映像やライブ音源、さらに貴重なデモ音源や写真とともに
1980年代をデヴィッド・カヴァーデイルが語る
「スライド・イット・イン・スライドショウ」をはじめとする
貴重なボーナス素材も存分に追加されている。

9月27日(土)26時からのBSフジ『伊藤政則のロックTV!』では、
この発表に合わせて急きょ「ホワイトスネイク・スーパーロック'84特集」が放送、
伊藤政則が当時の秘話の数々を語るという。
また特別に「ギルティー・オブ・ラヴ」の一部も公開される。

通販限定で1000セットのみ発売される「スーパー・メモリアル・ボックス」には、
当時スタッフに配布された記念Tシャツ、バックステージパス、チケット、
パンフレットのレプリカや1984年来日中に日本で取材や撮影され
ミュージックライフや音楽専科に掲載された「スペシャル・アーカイヴ・ブック」
などが付属する。
予約はワードレコーズ・ダイレクトでスタートとなっている。

当時の西武球場観に行きました。
初めての野外フェス体験だったわけで、とにかく暑かったのを覚えてます。
このビデオは持ってますがやはりDVD化して欲しかった。
スーパーロック本編以外にも過去の映像が収録されてこれはマストアイテム!
SCORPIONSの映像もDVD化して欲しい!!!
MSGhはDVD化してなくていいからね~!!!!!

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ジョン・ボーナムの命日

2014年09月25日22:57:00
























今日9月25日はLED ZEPPELINのドラマー〝ジョン・ボーナム〞の命日です。
1980年に32歳と言う若さで亡くなりました。
酔って寝てしまい嘔吐物を喉に詰まらせての窒息死が死因。

星の数ほど居るドラマーの中で私にとっては特別なドラマーです。
まぁそう思っている人は大勢いらっしゃるとは思いますけどね。
やっぱあの重低音のドラミングが魅力なわけで、
あの音はボンゾならではのもの。

今年はZEPのコンパニオン・ディスクとの2枚組アルバムがリリースされ
来月には4thアルバムと聖なる館がリリースされます。


  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BiS /

2014年09月24日22:46:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日9月24日は『BiS』の今年7月8日横浜アリーナで行われた解散ライヴ
『BiSなりの武道館』のライヴBlu-ray(DVD)の発売日です。

昨日も言いましたがこのライヴ映像は素晴らしいわけで
ただ値段が高いのが難点。
Blu-rayが¥10800、DVDが¥6480と少々値が張ります。
どちらも2枚組ですが、DVDは解散ライヴの本編のみで
Blu-rayはDisc-1は解散ライヴ、Disc-2は既発のDVD
ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN~WHO KILLED IDOL?のBlu-ray仕様です。
内容は同じですがBlu-rayになったことで当然画質は向上しています。
このDVDを持っていない人にとっては助かる仕様かも知れません。

Bis / 解散LIVE「BiSなりの武道館」横浜アリーナ
Disc-1
01. nerve  
-OPENING-
02. FiNAL DANCE 
03.プライマル。 
04. nasty face
05. MMGK
06. error
07. マグマト
08. no regret
09. STUPiG 
10. ODD FUTURE 
11. Fly 
12. Hi 
13. DiE 
14. MURA-MURA 
15. BiSimulation 
16. HiDE OUT CUT
17. あの頃 (BiS kyoushuku version)
18  GET YOU 
19. デモサヨナラ
20. IDOL is DEAD
21. ASH 
22. BLEW
23. urge over kill of love
24. hitoribochi
25. I wish I was Special
26. CHELSEA 
27. PPCC 
28. 歩行者天国の雑踏で叫んでみたかったんだ 
29. survival dance~no no cry more~ 
30. IDOL 
31. 豆腐 
32. primal. 
33. ウサギプラネット 
34. YAH YAH YAH 
35. eat it 
36. gugigi
37. My Ixxx 
38. スプリットブレインシンドローム 
39. マグノリア 
40. animal 
41. パプリカ
42. Give me your 全部
43. サウザンボルト
44. YELL!
45. 太陽のじゅもん
46. one day
47. BiS 
48. レリビ 
49  nerve (6人)
-ENDROLL-

Disc-2 / ROAD TO BUDOKAN KOKUGIKAN~WHO KILLED IDOL?
avex trax (AVXD 921138~9)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BiS /

2014年09月23日23:04:00

 

 

 

 

 

 

 

 

明日9月24日は『BiS』の今年7月8日横浜アリーナで行われた解散ライヴ
『BiSなりの武道館』のライヴBlu-ray(DVD)の発売日で今日はフラゲ日です。

長い人生で解散ライヴと言うものに立ち合ったのはこのライヴが初めてで
とにかく何もかもが破天荒なライヴで記憶に残るライヴの1つになりました。
そんなライヴ映像が早くもリリースと言うことで
実は解散ライヴがあった日には9月24日リリースを発表していて
そんなところも実にBiSらしかった。

そんなわけで商品化された解散ライヴの映像ですが
実に素晴らしい!!!!!
編集がお見事!!!!!!
実際にあの場に居た人は勿論、行きたかったけど行けなかった人、
BiSにちょっとでも興味のある人、
そして全アイドル・ファンの皆さんに見て欲しい作品です。

8,000人のエビゾリ、圧巻です!
primal.、間違いなく歴史に残る名曲です。
そして、BiS、紛れもなく破天荒なアイドルでした!


  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

シャロン・オズボーンの愛の証!?

2014年09月22日22:05:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャロン・オズボーン、かつてオジーへの愛の証として手首を切り
入院したと明かす。

シャロン・オズボーンはかつて現在の夫である
オジー・オズボーンに自分の愛の強さを証明したくて
自ら手首を切ったことを明らかにしている。

アメリカのテレビのお昼のトーク番組『ザ・トーク』に出演したシャロンは、
27歳だった頃、酒に酔った状態でこの行為に及んだことを回想していて、
「あなたのためならなんだってできるんだから」と言い放った後で、
オジーの目の前でステーキ・ナイフで手首を切ってみせたのだとか。

 「ただ困ったことに、傷が深過ぎたみたいで血が止まらなくなっちゃって。
それで『ちょっとあれね、救急車を呼んだ方がいいかも』って言ったのね」

 今もこの出来事を笑い飛ばすシャロンだが、病院へ担ぎ込まれた後は
精神科の医者に診てもらうことにもなったという。

結局この2人は似た者夫婦だと言うことですな、チャン、チャン(^^;

 

 

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THE AGONIST 来日中止

2014年09月21日23:10:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10/6(月)梅田CLUB QUATTRO
10/7(火)名古屋CLUB QUATTRO
10/9(木)渋谷CLUB QUATTRO

上記の日程で予定しておりましたTHE AGONISTの日本公演は、
諸般の事情により中止とさせて頂きます。
チケットはすべて払戻となります。
お客さまには、大変ご迷惑をお掛けいたしますことを
深くお詫び申し上げます。

諸般の事情って何!?(^^;
話題性と言う点では初来日公演の時よりあると思うし、
飽くまでもバンド側の何らかのトラブルなんでしょうね。

 

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

IN FLAMES /

2014年09月19日23:24:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はスウェーデン出身の『IN FLAMES』の11thアルバム
『SIREN CHARMS』を紹介します。

OPETH同様、脱デス化を突き進むIN FLAMESのニュー・アルバムで、
何と大手EPIC移籍第一弾アルバムです。

もはやデスでもなければ、メタルでもないとまで言ってしまうと
語弊がありますが、これはオルタナか!?とも思えるナンバーもあり
初期からのファンには戸惑うアルバムに仕上っています。
勿論彼等ならではの叙情性は忘れてはいないわけで
そこはヴォーカリスト、アンダース・フリーーデンの歌心を
存分に引き出したアルバムと言えるのかも知れません。

やはりイェスパー不在はバンドにとっては致命的なのか!?
多くのファンからの絶縁状が届かないことを祈ります。

IN FLAMES / SIREN CHARMS
01. In Plain View
02. Everything's Gone
03. Paralyzed
04. Through Oblivion
05. With Eyes Wide Open
06. Siren Charms
07. When The World Explodes
08. Rusted Nail
09. Dead Eyes
10. Monsters In The Ballroom
11. Filtered Truth
SONY MUSIC (88843075582)

 

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

OPETH /

2014年09月18日22:25:00

 

 

 

 

 

 

 

 

今日はスウェーデン出身の『OPETH』の11thアルバム
『PALE COMMUNION』を紹介します。

もはや初期の頃のデスと言ったアプローチは全く皆無となり
70年代のプログレッシヴ・ロックの王道とも言えるサウンドを
創造しているOPETHなわけですが
ニュー・アルバムは更にレトロ感が加速し
完全に70年代にタイプトリップしたかのようなアルバムに仕上がっています。
KING CRIMSON、EL&Pと言った先人のオマージュとも言える世界観の中に
スリリングなパッセージも取り入れ、
純度100&のプログレッシヴ・ロックを聴かせてくれています。

デス度は勿論、メタル度も希薄ですがしっかりロックしています。
昔のプログレは良かったよな~と言うそこのお父さん!
秋の夜長、ちょっとこのアルバム聴いてみてごらんなさい!

やはりミカエルさんはジョン・ウェットンに憧れているんでしょうね。

因みにBlu-Ray Audioに収録されているライヴ音源は
インターネットからダウンロードも出来ます。

OPETH / PALE COMMUNION
Disc-1/CD
01. Eternal Rains Will Come
02. Cusp Of Eternity
03. Moon Above, Sun Below
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice Of Treason
08. Faith In Others
Disc-2/Blu-Ray Audio
01. Eternal Rains Will Come
02. Cusp Of Eternity
03. Moon Above, Sun Below
04. Elysian Woes
05. Goblin
06. River
07. Voice Of Treason
08. Faith In Others
09. Soltude (Live) [[Bonus Track]
10. Var Kommer Barnen In (Live) [Bonus Track]
ROADRUNNER RECORDS (RR 65735)

  続きを読む

Posted by アナログ・キッド Comments(0)