Chekipon BLOG  
ログイン

STRATOVARIUS /

2013年11月18日22:47:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第20回目はフィンランド出身の
『STRATOVARIUS』の2ndアルバム『TWILIGHT TIME』を紹介します。
 
速弾きギタリスト〝ティモ・トルキ〞擁する
『STRATOVARIUS』の
2ndアルバムにして日本デビュー・アルバムです。
因みにヴぉーカルもティモ・トルキです。
 
そうまだスピード・メタル的な要素は少なくて
哀愁の北欧メタル・サウンドの王道を踏襲しています。
ティモの弱いヴォーカルがB級臭さを醸し出すわけですが
北欧の叙情性満載のナンバーオンパレードで
とりわけ2曲目〝The Hand of Time〞は名曲。
 
STRATOVARIUS / TWILIGHT TIME
01.Break the Ice
02.The Hands of Time
03.Madness Strikes at Midnight
04.Metal Frenzy
05.Twilight Time
06.The Hills Have Eyes
07.Out of the Shadows
08.Lead Us Into the Light
VICTOR (VICP-5254)

The Hands of Timeの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ANNIHILATOR /

2013年11月17日22:59:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第19回目はカナダ出身の
『ANNIHILATOR』の3rdアルバム『SET THE WORLD ON FIRE』を紹介します。
 
今もなおお活動を続ける古参バンド『ANNIHILATOR』の3rdアルバムです。
実は私『ANNIHILATOR』ってこのアルバムしか持っていなくて
その他のアルバムのことに関して解説は出来ないんですけど
実にこのアルバムは素晴らしい!!!
基本的にスラッシュ・メタルのジャンルに属しているバンドで
確かにギターのリフとかはMEGADETHを彷彿とさせる部分がありますが
とにかくメロディックな世界観がこの上なく素晴らしい。
バラードやシャッフル的なナンバーなど多彩なナンバーが収録されており
時折聴かせるツイン・リードも極上の叙情性を感じます。
 
11曲目は言わずと知れたJUDAS PRIESTのあの曲のカバー。
 
ANNIHILATOR / SET THE WORLD ON FIRE
01.Set the World on Fire
02.No Zone
03.Bats in the Belfry
04.Snake in the Grass
05.Phoenix Rising
06.Knight Jumps Queen
07.Sound Good To Me
08.The Edge
09.Don't Bother Me
10.Brain Dance
11.Hell Bent For Leather
FEMS (APCY-8070)

The Edgeの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SNAKE CHARMER /

2013年11月16日23:35:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第18回目はスウェーデン出身の
『SNAKE CHARMER』の1stアルバム『SMOKE AND MIRRORS』を紹介します。
 
元『ALIEN』のヴォーカル〝ピート・サンドペリ〞と
元『SILVER MOUNTAIN』のベース〝パー・スタディン〞ドラム〝アンダース・ヨハンソン〞
その後『BAD HABIT』の2ndアルバムで加入するギター〝スヴェン・シアンスキー〞に
よって結成されたバンド『SNAKE CHARMER』のデビュー・アルバムです。
ゲスト・キーボードで〝イェンス・ヨハンソン〞が2曲参加しています。
 
サウンドは『SILVER MOUNTAIN』的なクラシカルなアプローチは見られず
『ALIEN』を彷彿とさせる哀愁のハード・ポップの北欧メタル・サウンドです。
バラードが3曲収録されており、どれもピートのヴォーカルが冴える
珠玉のナンバーです。
 
10曲目は言わずと知れた『BEATLES』のナンバーです。

SNAKE CHARMER / SMOKE AND MIRRORS
01.Worlds Apart
02.Runnin' On Empty
03.Middle Of Nowhere
04.Heart On Hold
05.Highway Of Love
06.Teaser, Pleaser
07.Like An Arrow
08.Stone Cold
09.Alone Without You
10.Eleanor Rigby
FEMS (APCY-8121)

Worlds Apartの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MOTHERS ARMY /

2013年11月15日23:38:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第17回目はアメリカ出身の
『MOTHERS ARMY』の1stアルバム『MOTHERS  ARMY』を紹介します。


元『NIGHT RANGER』のギタリスト〝ジェフ・ワトソン〞
『VANILLA FUDGE』『KING KOBRA』等のドラマー〝カーマイン・アピス〞
元『RAINBOW』『OZZY OSBOURNE』のベーシスト〝ボブ・ディズリー〞
元『RAINBOW』等のヴォーカリスト〝ジョー・リン・ターナー〞によって
結成されたスーパーバンドのデビュー・アルバムです。
基本的にはジェフのソロ・プロジェクトがバンドになったようですが。
 
とりわけジョーは楽曲作りは参加していないようで
歌い手として参加したとのことで、
ジョーならでは哀愁のメロディーは全くないアルバムです。
8曲目だけがRAINBOW時代を彷彿とさせるメロウな雰囲気を持つ秀曲。
そんなわけではっきり言ってしまうとツマラナイ曲のオンパレードで
全く売れませんでした。
有名なミュージシャンが集まったからと言って世間は甘くないです(^^;

MOTHERS ARMY / MOTHERS ARMY
01.Mother's Army
02.Darkside
03.Dreamtime
04.One Way Love
05.Second Nature
06.Memorial Day
07.Get A Life
08.By Your Side
09.Voice Of Reason
10.Anarchy
11.Save Me
12.Mothers Army (Reprise)
FEMS (APCY-8129)

By Your Sideの音だけどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ELEGY /

2013年11月14日22:45:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第16回目はオランダ出身の
『ELEGY』の1stアルバム『LABYRINTH OF DREAMS』を紹介します。
 
〝イアン・パリー〞(Vo)が加入することで一気に飛躍した
『ELEGY』のイアン加入前のデビュー・アルバムです。
今作のヴォーカリストの〝エドワード・A・ホヴィンガ〞も素晴らしく
ジェフ・テイトばりのハイトーンのヴォーカルを聴かせてくれています。
パワフルで適度にテクニカルで、妙にポップなナンバーもあったり
その後の『ELEGY』のスタイルは既に出来上がっています。
 
2人のギタリストのメロディックでテクニカルなギターワークも
聴き応えがあります。
 
ELEGY / LABYRINTH OF DREAMS
01.The Grand Change     
02. I'm No Fool   
03.Take My Love      
04.All Systems Go     
05.Trouble In Paradise     
06.Over And Out    
07.Labyrinth of Dreams      
08.Mass Hysteria    
09.Powergames     
10.The Guiding Light   
ALFA RECORDS (ALCB-762)

I'm No Foolの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MAGELLAN /

2013年11月13日22:40:00














〝BACK TO THE 1993〞第15回目はアメリカ出身の
『MAGELLAN』の2ndアルバム『IMPENDING ASCENSION』を紹介します。
 
〝マイク・ヴァーニー〞に設立した〝MAGNA CARTA〞レーベルから
アルバムをリリースしていた『MAGELLAN』の2ndアルバムです。
 
YESが持つ重厚なコーラス・ワークに
中期のRUSHのようなドラマティック性を持ったサウンドは
1stアルバムからの引き継がれています。
古典的なプログレッシヴ・ロックを伝承しつつも
DREAM THEATERのようなテクニカル性も備えたサウンドは
全ての世代のプログレ・ファンにアピール出来るサウンドでしょう。
 
MAGELLAN / IMPENDING ASCENSION
01.Estadium Nacional
02.Waterfront Weirdos
03.Songsmith
04.Virtual Reality
05.No Time for Words
06.Storms and Mutiny
07.Under the Wire
APOLON INTERNATIONAL (APCY-8124)

Virtual Realityの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CANNATA /

2013年11月12日23:21:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第14回目はアメリカ出身の
『CANNATA』の2ndアルバム『WATCHING THE WORLD』を紹介します。
 
知る人ぞ知る『ARCANGEL』の中心メンバーだった〝ジェフ・カンナタ〞の
ソロ・プロジェクトの2作目となるアルバムです。
『ARCANGEL』時代と変らない爽やかな産業ロックをベースに
プログレッシヴ的なアレンジが魅力的なサウンドです。
 
因みに10曲目の〝Ian's Song〞はジェフの息子が
アドリブで歌ったナンバー。
 
CANNNATA / WATCHING THE WORLD
01.When It's Love
02. Watching the World
03. Let It Be
04. What About the Children
05. Take Me Over
06. The Hunter
07. Just You and Me
08. Over the Line
09. Through the Night
10. Ian's Song
ZERO CORPORATION (XRCN-1063)

Watching the Worldの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MISHA CALVIN /

2013年11月11日22:23:00














〝BACK TO THE 1993〞第13回目はユーゴスラビア出身のギタリスト
『MISHA CALVIN』の1stアルバム『EVOLUTION』を紹介します。
 
ユーゴスラビア出身の技巧派ギタリスト〝ミシャ・カルヴィン〞の
デビュー・アルバムです。
基本的にソロ・プロジェクトの色合いのアルバムなわけですが
参加しているミュージシャンがなかなか豪華。
まず2人のヴォーカリストが歌っているのですが
『BLACK SABBATH』に在籍したことのある〝トニー・マーティン〞に
『VENGEANCE』『ELEGY』に在籍していた〝イアン・イアン・パリー〞
ドラマーにはイアン・ギランやイングヴェイのバンドに在籍したことのある
〝ピート・バーナクル〞と言った布陣です。
 
そんな『MISHA CALVIN』のデビュー・アルバム『EVOLUTION』は
ミシャのテクニカルかつメロディックなギター・ソロを
大きくフィーチャーしているのは勿論ですが
サウンド的にはポップなフィーリングを持つハード・ロックです。
メロディックでキャッチーな楽曲のオンパレードで
ギタリストの才能に加えソングライティングの才能にも
注目のアルバムです。
 
MISHA CALVIN / EVOLUTION
01.Strangers
02.Ready or Not
03.Put a Little Faith in Me
04.Valhalla
05.Reaper
06.Don't Let It Go
07.Can't Hold Me
08.Evolution
09.Here I Am
10.Heaven Only Knows
ZERO CORPORATION (XRCN-1059)

Ready or Notの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第27回目放送終了

2013年11月10日23:04:00

 

 

 

 

 

 

 

 




 今日はfmGIG、彦根逓信舎スタジオからインターネット・ラジオ
『ROCK BOTTOM』の放送でした。
今日は最近見に行ったライヴのアーティストのナンバーを
中心に1時間お届けしました。

オンエアリスト
01.SKE48 / 片想いFinally
02.BiS / でんでんぱっしょん
03.でんぱ組.inc / IDOL
04.ベイビーレイズ / 暦の上ではディセンバー
05.PASSPO☆ / Growing Up
06.SUPER☆GiRLS / 女子力←パラダイス

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

明日はインターネットラジオのオンエア!

2013年11月09日23:34:00
























明日はfmGIG、彦根逓信舎スタジオからインターネット・ラジオ
『ROCK BOTTOM』の放送です。
明日は最近行ったライヴの話を中心にお届けします。
明日はメタル度ゼロです(^^;
でもお聴き逃しなく!

URL      http://www.fm-gig.net/top.html

メッセージは radio@teishinsha.com  

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)