Chekipon BLOG  
ログイン

TALISMAN /

2013年10月18日23:35:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第3回目はスウェーデン出身の
『TALISMAN』の1stアルバム『TALISMAN』を紹介します。
 
イングヴェイのバンドに在籍していたベースの故マルセル・ヤコブと
ヴォーカルのジェフ・スコット・ソートらが中心になって結成した
『TALISMAN』のデビュー・アルバムです。
 
北欧メタルを象徴する哀愁のメロディーとキャッチーな楽曲のオンパレードは、
間違いなく北欧メタルを代表する一作と断言出来るアルバムです。
神秘的なアルバム・ジャケットもGood!!
 
余談ですが今は亡きゼロ・コーポレーションは
良質のアルバムをディストリビュートしてくれていました。
 
TALISMAN / TALISMAN
01.Break Your Chains
02.Standin on Fire
03.Ill Be Waiting
04.Oangerous
05.Just Between Us
06.System of Power
07.Queen
08.Lightning Strikes
09.Day By Day
10.Women Whiskey Ok Songs
11.Great Sandwich
ZERO CORPORATION (XRCN-1040)

Day By Dayの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

CYNIC /

2013年10月17日22:20:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1993〞第2回目はアメリカ出身の
『CYNIC』の1stアルバム『FOCUS』を紹介します。
 
20年経った今もプログレッシヴ・デスの金字塔として
君臨する歴史に残る超名盤『CYNIC』のデビュー・アルバムです。
デスと言うジャンルに囚われず、もはやジャズと言った領域にも通じる
高次元のサウンドを展開しており、複雑に交差する構築性の中にも
アンビエントな世界観が芸術性を生む素晴らしいアルバムです。
 
そんな中に特筆するのはやはりショーン・マローンのベースで
スティック・ベースの名手としてその後名を馳せるわけです。
 
CYNIC / FOCUS
01.Veil of Maya
02.Celestial Voyage
03.The Eagle Nature
04.Sentiment
05.I'm but a Wave To...
06.Uroboric Forms
07.Textures
08.How Could I
ROADRUNNER (RR 9169-2)

How Could Iの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RUSH /

2013年10月15日23:41:00

 

 

 

 

 



一通り最近買ったCDやDVDの紹介も終わったので
今日からBACK TO THEシリーズの20年前の1993年の作品を
紹介していきたいと思います、

そんな〝BACK TO THE 1993〞第1回目はカナダ出身の
『RUSH』の15thアルバム『COUNTERPARTS』を紹介します。
 
まぁ以前から言ってますが、私にとって神のような存在のバンドが『RUSH』でして
私如きがRUSHを語るのも烏滸がましいわけですが
でもRUSHファンであることには間違いないです。
私にとっての1番はRUSHである、と。
 
そんなRUSHの1990年代を代表する一作、
彼らのキャリアの中でも名作とされるのがこの『COUNTERPARTS』
です。
当時流行したグランジのフィルターを通したかのような
RUSH流のヘヴィネスとグルーヴ感が躍動する
バンド史上最高位2位を獲得した超名盤です。
 
RUSH / COUNTERPARTS
01.Animate
02.Stick It Out
03.Cut To The Chase
04.Nobody's Hero
05.Between Sun & Moon
06.Alien Shore
07.Speed Of Love
08.Double Agent
09.Leave That Thing Alone
10.Cold Fire
11.Everyday Glory
WARNER MUSIC (AMCY-608)

Stick It Outのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第26回放送終了

2013年10月13日22:55:00






















今日はインターネット・ラジオ『ROCK BOTTOM』のオンエアでした。
前の大学生の番組に女子大生が4人もゲストに登場していたので
いつもは暗い(笑)スタジオが今日は華やかで賑やかでした(^^;

オンエアリスト
01. DREAM THEATER / The Enemy Inside
02. UNTIL RAIN / Think Again
03. MOON SAFARI / Diamonds
04. GLAMOUR OF THE KILL / Second Chance
05. Party Rockets / セツナソラ
06. BiS / Fly
07. Perfume / Spring of Life (Album Miix)

今日は前半はメタル系、後半はアイドル系と言う構成でした。
まぁParty RocketsもBiSもかなりロックですけどね。
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

明日はインターネットラジオのオンエアです

2013年10月12日22:23:00























明日はfmGIG、彦根逓信舎スタジオからインターネット・ラジオ
ROCK BOTTOMの放送です。
明日は最近ブログで紹介した新曲、新譜からのナンバー中心に
お届けいたします。お聴き逃しなく!

因みに今日はBABYMETALの12月21日に開催される
幕張メッセのライヴ・チケットの一般発売日でした。
チケットは即SOLD OUTでした。
来年辺りには武道館、さいたまスーパー・アリーナ、
そして最終東京ドームか!?

URL 
http://www.fm-gig.net/top.html
メッセージは radio@teishinsha.com  

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ACCEPT /

2013年10月12日01:08:00

 

 

 

 

 

 

今日はドイツ出身の『ACCEPT』の『METAL HEART』と
『KAIZOKU-BAN』の2in1アルバムを紹介します。

オリジナルはどちらも1985年にリリースされており『KAIZOKU-BAN』は
日本のみでリリースされたもので暫く廃盤になっていました。
因みに『KAIZOKU-BAN』が収録されたのは1985年9月19日の
名古屋公演を収録したものです。
 
やはり『ACCEPT』と言えばこのアルバムが代表作とされるわけで
いい塩梅にアメリカンなテイストがメジャー感があって素晴らしいサウンドです。
 
国内盤も10月9日もリリースされたようなので興味のある方は是非どうぞ.
 
ACCEPT / METAL HEART + KAIZOKU-BAN
01.Metal Heart
02.Midnight Mover
03.Up To The Limit
04.Wrong Is Right
05.Screaming For A Love Bite
06.Too High To Get It Right
07.Dogs On Leads
08.Teach Us To Survive
09.Living For Tonite
10.Bound To Fail
11.Metal Heart (Live)
12.Screaming For A Love Bite (Live)
13.Up To The Limit (Live)
14.Head Over Heels (Live)
15.Love Child (Live)
16.Living For Tonite (Live)
CHERRY REDS RECORDS (HNECD022)

Metal Heartノライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

MY SOLILOQUY /

2013年10月09日21:52:00














今日はイギリス出身の『MY SOLILOQUY』の1stアルバム
『THE INTERPRETER』を紹介します。
 
『THRESHOLD』のメンバー〝ピート・モーテン〞が2002年に結成した
プロジェクト
『MY SOLILOQUY』の2013年にしてリリースされた
デビュー・アルバムです。
因みにレコーディングではピートがドラム以外全てを担当しています。
 
哀愁漂う叙情性がいかにも英国のバンドらしい世界観を構築していて
適度なテクニカル性もプログレ・メタルの王道と言えるサウンドを
作り出しています。
DREAM THEATERのようなド派手なテクニカル度はさほどないわけで
楽曲のドラマティック性でアピールするプログレ・メタルでしょう。
 
MY SOLILOQUY / THE INTERPRETER
01.Ascension Pending
02.Flash Point
03.Corrosive De-Emphasis
04.Fractured
05.Six Seconds Grace
06.Dream In Extremis
07.Star
SENSORY (SR3063)

アルバムトレーラーをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DREAM THEATER /

2013年10月07日23:30:00














今日はアメリカ出身の『DREAM THEATER』の12thアルバム
『DREAM THEATER』を紹介します。
 
新ドラマー〝マイク・マンジーニ〞を迎えての第二弾アルバムは
セルフ・タイトルの作品となりました。
およそバンドがセルフ・タイトルのアルバムをリリースする時って
ターニング・ポイント的な時期だったりすることが多いわけですが
確かに今までのDREAM THEATERとは微妙に趣の違う作品で
第一印象はとても分かりやすくなったと言のが正直な感想です。
一般的なレベルからすれば超絶にテクニカルなんですが
彼等の今までのキャリアからすればリズム的にもメロディー的にも
分かりやすいです。

彼等には珍しいシンフォニックなアレンジも大きくフィーチャーしていて
初めてDREAM THEATERを聴くリスナーには入りやすい
アルバムなのではないでしょうか!?
 
驚くべきポップ感のあるナンバーやRUSHのオマージュと思える
アレンジがあるナンバーなど
DREAM THEATER的コマーシャルな作品に
仕上がった感じです。
色々と賛否があるようですが私はとても気に入りました。
ただ音が彼等にしてはちょっと悪いのが残念。
 
DREAM THEATER / DREAM THEATER
Disc-1/CD
01.False Awekening Suite
ⅰ.Sleep Paralysis
ⅱ.Night Terrors
ⅲ.Lucid Dream
02..The Enemy Inside
03.The Looking Glass
04.Enigma Machine
05.The Bigger Picture
06.Behind The Veil
07.Surrender To Reason
08.Along For The Ride
09.Illumination Theory
ⅰ.Paradoxe de la Lumiere Noire
ⅱ.Live, Die, Kill
ⅲ.The Embracing Circle
ⅳ.The Pursuit of Truth
ⅴ.Surrender, Trust & Passion
10.The Enemy Inside(Instrumental) [Japanese Bonus Track]
Disc-2/Audio DVD
01.False Awekening Suite (5,1 Audio Mix)
02..The Enemy Inside (5,1 Audio Mix)
03.The Looking Glass (5,1 Audio Mix)
04.Enigma Machine (5,1 Audio Mix)
05.The Bigger Picture (5,1 Audio Mix)
06.Behind The Veil (5,1 Audio Mix)
07.Surrender To Reason (5,1 Audio Mix)
08.Along For The Ride (5,1 Audio Mix)
09.Illumination Theory (5,1 Audio Mix)
WARNER MUSIC JAPAN (WPZR 30479/80)

The Enemy InsideのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

PORTNOY SHEEHAN MACALPINE SHERINIAN /

2013年10月06日22:23:00

















今日はアメリカ出身の『PORTONOY SHEEHAN MACALPINE SHERINIAN』
のライヴBlu-Ray『LIVE IN TOKYO』を紹介します。
 
昨年11月14日Zepp Tokyoで行われたライヴを収録したBlu-Rayです。
3月に国内盤はリリースされていましたが、
Blu-Rayがリリースされなかったのでスルーしてたわけで
先月輸入盤でBlu-Rayがリリースされたのですぐに購入しました。
 
何のギミックもない最低限度の照明だけで行われているステージですが
そのシンプルさとは裏腹に人間技とは思えない高次元の超絶プレイが
堪能出来る素晴らしいライヴ映像です。
セットリストはLIQUID TENSION EXPERIMENT、DREAM THEATER、
TALAS、Tony MacAlpineのソロから
メンバーのキャリアからのナンバーがプレイされており、
勿論ソロ・パートもしっかりあります。
 
歌入りはアンコールのShy Boyだけで後は全編インストなわけですが
全く飽きさせない卓越した各メンバーの演奏が観れるライヴです。
 
PORTONOY SHEEHAN MACALPINE SHERINIAN / LIVE IN TOKYO
01.A Change of Seasons 1:The Crimson Sunrise
02.Acid Rain
03.The Stranger
04.Stratus
05.Apocalypse 1470 BC
06.Tony MacAlpine Guitar Solo
07.Been Here Before
08.Birds of Prey / Billy Sheehan Bass Solo
09.The Farandole
10.The Pump
11.Mike Portnoy Drum Intro
12.Nightmare Cinema
13.Hell’s Kitchen
14.Derek Sherinian Solo 2012
15.Lines In The Sand
16.Shy Boy (encore)
EAGLE VISION (EVB334569)

A Change of Seasons 1:The Crimson Sunrise~Acid Rainの
ライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BURRN! 11月号

2013年10月04日23:20:00

 

 

 

 

 

 

 

 




今日はBURRN!の発売日。
今月号はLOUD PARK出演者のインタビューがメインですかね。
あと先月号からやってるCOUNTDOWN TO 30TH ANNIVERSARYも面白かった。
DREAM THEATERのインタビューやCHILDREN OF BODOMのライヴ・レポートも
良かったです。
今月号は全体的に面白いと思いました。



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)