Chekipon BLOG  
ログイン

SLAYER /

2013年08月17日23:38:00














 〝BACK TO THE 1983〞第24回目はアメリカ出身の
『SLAYER』の1stアルバム『SHOW NO MERCY』を紹介します。
 
帝王『SLAYER』の記念すべきデビュー・アルバム。
 
当時はそのビジュアルもあってブラック・メタル的なイメージを全面に出した
スラッシュ・メタルだったわけですが、やはり根底にあるのは
NHOBHMの流れを組むヘヴィ・メタルでした。
やはりNHKBHMのストレートな攻撃性は当時のこのジャンルのバンドには
多大な影響を与えていたわけです。
 
まぁサウンド・プロダクションに難はあるものの
その後スラッシュ・メタルのマスターピースと呼ばれる
『REIGN IN BLOOD』への片鱗は垣間見れる作品です。
 
SLAYER / SHOW NO MERCY
A-Side
01.Evil Has No Boundaries
02.The Antichrist
03.Die By The Sword
04.Fight Till Death
05.Metal Storm/Face the Slayer
B-Side
01.Black Magic
02.Tormentor
03.The Final Command
04.Crionics
05.Show No Mercy
SOUND MARKETING SYSTEM (SP25-5108)

The Antichristのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

METALLICA /

2013年08月16日00:16:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第23回目はアメリカ出身の
 
『METALLICA』の1stアルバム『KILL 'EM ALL』を紹介します。

先日のSUMMER SONICのヘッドライナーとしてその存在感を知らしめた
『METALLICA』のデビュー・アルバムです。
今でこそデス・メタルと言ったスピーディーでブルータルな音楽はありますが
まだまだスラッシュ・メタルと言うジャンルに市民権(!?)がなかった当時
METALLICAのサウンドは革新的でした。
 
サウンド・プロダクションもチープですが、その攻撃的なアプローチの中にも
ドラマティク性を持ったサウンドはNWOBHMの洗礼を受けたバンドならでは
スタイルだったと思います。
 
METALLICA / KILL 'EM ALL
A-Sdie
01.Hit The Lights
02.The Four Horsemen
03.Motorbreath  
04.Jump In The Fire
05.(Anesthesia) - Pulling Teeth
06.Whiplash
B-Side
01.Phantom Lord
02.No Remorse
03.Seek And Destroy
04.Metal Militia
MEGAFORCE RECORDS (MR-069)

Hit The Lightsのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SUMMER SONIC 2013 11/08 ②

2013年08月13日23:36:00








































初のSUMMER SONIC、何もかも知らないことばかりでしたが
全然楽しめました!
そんなわけで今日は初体験のサマソニの感想と観たライヴの感想を。
 
① BiS
FLOWER STAGEのオープニング・アクトとして登場したBiSだったわけで
まぁオープニング・アクトだから3曲くらいかな~と思ってたら
5曲もやってくれて嬉しかったです。
ロック・フェスだから〝Idol〞をやったのは正解でしたね。
1曲目に〝survival dAnce~〞を持ってきたのもツカミとしてはOKだっけど
個人的には〝DiE〞をやって欲しかった。
 
② Perfume
興味深いセットリストでした。
やはりこれはニュー・アルバムのPRもあったのかな!?
ロック・フェスだから〝FAKE IT〞をやって欲しかったな。
まぁでもPerfumeってどんな状況でもブレないですね。
でもやはりPerfumeって音と3人のパフォーマンスと照明の
三位一体が真骨頂だと思うので、
ワンマンのライヴよりは少し楽しみがなくなるかも。

 
③ BULLET FOR MY VALENTINE
因みにBFMVの前に出たマキシマム・ザ・ホルモンの人の数には驚いた。
まぁ私は全く見てなかったわけですが、マキシマム~の人の数と
BFMVの人の数の差には正直残念だった。
でもパフォーマンスは素晴らしかった!
2013年、私のサマソニの中で1番のライヴでした。
 
④ BABYMETAL
サマソニに生バンドで参戦したBABYMETALの選択は正解だったと思います。
根っからのベビメタ・ファンも居ますが、初めて観る人、
物珍しさ的に観に来た人には圧巻のパフォーマンスだったと思います。
いわゆる「こんなアイドルが居たのか!」と言う感想です。
もうちょっとPAのいい環境(ステージ)で観たかった。
 
⑤ CHEAP TRICK
フェスのライヴと言うことでバラードを排除したセットリストが
良かったのかどうかは分かりません。
でもやはりヒット曲の〝The Flame〞や〝If You Want My Love〞とか
聴きたかった。
それよりもどうして大阪では〝Clock Strikes Ten〞をやらなかったの!?
正直ベタでもヒット曲オンパレードのセットリストにして欲しかった。
因みに見たことのないドラマーだな~と思っていたら
〝リック・ニールセン〞の息子であることを後で知りました。
 
⑥ METALLICA
まぁとにかく凄い人でした。
130分ものライヴを考えると普通のワンマンと変わりません。
デビュー当時はアンダーグランドなスラッシュ・メタル・バンドだった彼等が
今やアメリカを代表するロック・バンドと言うポジション。
この時代の日本で〝Battery〞にあれだけの人間が狂乱する姿を
30年前には想像もつかなったでしょう。
 
そんなわけで6つのバンド(グループ)のライヴを観たわけですが
程よく休憩を取る時間も取れて、見たいライヴが被ることもなく
私にとってはありがたいタイムテーブルでした。
初めてのサマソニに点数をつけるなら100点をあげていいでしょう。
 
あと会場となる舞州までのアクセスがあまりいいとは言えないわけですが
今回私はJTBのツアーバスを利用しました。
チケットと梅田からの往復直行バス付きで14,000円とお得なツアーでした。
加えてツアーバス専用のリストバンド交換になっているので
一般のお客さんのリストバンド交換に並ぶ長蛇の列を尻目に
僅かに1~2分でリストバンドを交換出来るのも魅力でした。
来年もサマソニに行くことがあればこのツアーバスを利用しようと思います。
















  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

SUMMER SONIC 2013 11/08 ①

2013年08月12日23:11:00








































昨日は人生初のSUMMER SONICに行ってきました。
まぁこの夏1番の気温になった大阪だったわけで
大阪駅降りた時点で汗がじわ~っと流れて1日身体が持つか心配でした(^^;























会場には10時半頃に到着。
既にグッズ売り場はありえないくらいの長打の列。
すぐに諦めて10時25分からのBiSを観る為に
FLOWER STAGEに向かいました。
オープニング・アクトと言うことでしたし、異色のアイドルだけに
そう人は入らないだろうと思ってましたが、
ライヴが始まると次第に人が増え、終わるころにはそれなりに一杯の人でした。
 

BiS [FLOWER STAGE] (20 minites)
01.survival dAnce~no no cry no more~
02.Idol
03.My Ixxx
04.nerve
05.primal.

次に観たのはメイン会場のOCEAN STAGEでのPerfume
流石に凄い人気です。
予定より10分を遅れて突然ライヴは始まりました。
実に昨日の彼女達は可愛かった。
勿論ライヴは大盛り上がりで終了。
唯一OCEAN STAGEに登場したJ-POP系のアーティストでしたが
他のヘヴィなバンドの中に混じっても全く遜色のないパフォーマンスでした。























Perfume [OCEAN STAGE] (40 minites)
01.Spending all my time
02.Magic of Love
03.VOICE
0
4.Spring of Life
05.P.T.Aのコーナー
06.だいじょばない
07.チョコレイト・ディスコ
08.MY COLOR

昼食を取る為にOCEAN STAGEを出て再びOCEAN STAGEに戻り
BULLET FOR MY VALENTINEのライヴを観ました。
前日のWOWOWの中継でマシュー・タックの髪が短くなって驚いたわけで
まぁ髪が長くても短かくてもイケメンぶりは変わりません!(^o^)
40分のステージでしたが、正直言ってもっと観たかった!

BULLET FOR MY VALENTINE [OCEAN STAGE] (40 minites) 
01.Breaking Point
02.The Last Fight
03.Scream Aim Fire
04.Riot
05.Tears Don't Fall
06.Temper Temper
07.Pleasure And Pain
08.Waking the Demon























OCEAN STAGEを出て次にFLOWER STAGEのBABYMETALを観ました。
続々と小さなFLOWER STAGEには人が集結してきました。
サマソニは生バンドと言うことでそのスタンスは完全にメタル・バンド。
30分と言う短いライヴでしたが間違いなく新たなファンを獲得したと思います。

BABYMETAL [FLOWER STAGE] (30 minites)
01.BABYMETAL DEATH
02.メギツネ
03.Catch me if you can
04.いいね!   
05.ヘドバンギャー
06.イジメ、ダメ、ゼッタイ







































ちょっと休憩を取り、次に今回唯一のMOUNTAIN STAGEでの
CHEAP TRICKを観ました。
往年のロック・バンドと言うことで観にきているオーディエンスも
若干高め!?(^^;
まぁでもステージのオヤジ達は若さ溢れるパフォーマンスを見せてくれました!

CHEAP TRICK [MOUNTAIN STAGE] (60 minites)
01.Dream Police 
02.Big Eyes
03.California Man
04.Ain't That a Shame
05.Lookout
06.On Top of The World
07.That 70s Song (In the Street) 
08.The House is Rockin'
09.I Know What I Want...
10.Baby Loves to Rock
11.I Want You to Want Me
12.Sick Man of Europe
13.Surrender
14.Auf Wiedersehen
15.Goodnight

そして再びOCEAN STAGEに戻りヘッドライナーのMETALLICAを観戦。
もう説明はいりません、やはり凄いです。

METALLICA [OCEAN STAGE] (130 minites)
01.Hit the Lights 
02.Master of Puppets 
03.Holier Than Thou
04.The Four Horsemen 
05.The Day that Never Comes 
06.Carpe Diem Baby
07.I Disappear 
08.Sad but True 
09.Welcome Home (Sanitarium) 
10.Orion 
11.One
12.For Whom the Bell Tolls 
13.Blackened 
14.Nothing Else Matters 
15.Enter Sandman
encore
16.Creeping Death 
17.Battery 
18.Seek & Destroy

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第24回目放送終了

2013年08月12日01:26:00
























今日(昨日ですが)はインターネットラジオ『ROCK BOTTOMのオンエアでした。
今日はSUMMER SONICに行ってきたので収録放送でした。

オンエアリスト
01. PASSPO☆ / 妄想のハワイ
02. BiS / nerve
03. SUPER☆GiRLS / MAX!乙女心
04. 東京女子流 / Attack Hyper Beat POP
05. さくら学院 / ベリシュビッツ
06. Negicco / あなたとPop With You!
07. SKE48 / 美しい稲妻

先月観に行ったTOKYO IDOL FESTIVALの話題で1時間お届けしました。
メタルじゃなくね~!?
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

明日はROCK BOTTOMのオンエアです

2013年08月10日22:38:00























明日はfmGIG、彦根逓信舎スタジオからインターネット・ラジオ
ROCK BOTTOMの放送です。
明日は収録放送で、ぶっちゃけますと明日はメタル度ゼロです(^^;
でも内容は濃い!!!(^o^)
お聴き逃しなく!

URL 
http://www.fm-gig.net/top.html
メッセージは radio@teishinsha.com  

それにしてもWOWOWのROCK IN JAPANとSUMMER SONICの
生中継放送、BABYMETALは全くオンエアされませんでした。
ONE OK ROCKもオンエアされなかったと言うことは
アミューズは生中継の放送はダメ!と言うことだったのか!?
くれぐれも総集編ではオンエアしてくれよ~!!!

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RATT /

2013年08月09日22:22:00

 

 

 

 

 


 
〝BACK TO THE 1983〞第22回目はアメリカ出身の『RATT』の
1stミニアルバム『RATT』を紹介します。

今も尚活動しているLAメタルを代表するバンド『RATT』の
メジャー・デビュー以前にリリースしたミニ・アルバムです。
メジャー・デビューアルバム『OUT OF THE CELLER』に比べると
かなりアグレッシヴ(荒削り!?)な印象のアルバムです。
 
〝Back For More〞は『OUT OF THE CELLER』で
リ・レコーディングされました。
 
RATT / RATT
A-Side
01.You Think You're Tough
02.Sweet Cheater
03.U Got It
B-Side
01.Tell The World
02.Back For More
03.Walkin' The Dog
TIME COAST RECORDS (TC-2203)

Back For MoreのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

KROKUS /

2013年08月07日21:53:00

 

 

 

 

 



〝BACK TO THE 1983〞第21回目はスイス出身の
『KROKUS』の
7thアルバム『HEADHUNTER』(邦題:髑髏の紋章)を紹介します。
 

前作でアメリカでの手応えを感じた(と思う)『KROKUS』は
『JUDAS PRIEST』のアルバムを手がけた敏腕プロデューサー
〝トム・アロム〞を迎え
制作したのが『HEADHUNTER』で、
そう言った背景もあってか〝ロブ・ハルフォード〞が
バック・コーラスで1曲参加しています。
 
サウンド的にはバンド史上最も硬質なアルバムと言えるでしょう。
そう言う方向性もあって最も好セールスを上げたアルバムでもありました。
 
このアルバムをピークにバンドは緩やかに失速していきます。
売れ線を狙ったアプローチが自滅していくことになりました。
ありがちなパターン(^^;
 
KROKUS / HEADHUNTER
01.Headhunter
02.Eat the Rich
03.Screaming in the Night
04.Ready to Burn
B-Side
01.Night Wolf  
02.Stayed Awake All Night
03.Stand and Be Counted
04.White Din05.Russian Winter
NIPPON PHONGRAM (25RS-194)

Headhunterのライヴ映像をどうぞ

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

IRON MAIDEN /

2013年08月06日23:02:00


 

 

 

 

 

 
〝BACK TO THE 1983〞第20回目はイギリス出身の『IRON MAIDEN』の
4thアルバム『PIECE OF MIND』(邦題:頭脳改革)を紹介します。

オリジナル・ドラマーのクライヴ・バーが脱退し
『PAT TRAVERS』や『TRUST』に在籍したニコ・マクブレインが加入。
まぁそう言う部分もあってかリズム隊がタイトなものになり、
更にメタル然とした印象の強い作品に仕上がっています。
 
ラジオ向けの〝Flight of Icarus〞と言ったナンバーも
アルバムにいいアクセントになっているかどうかはよく分かりませんが
私は好きなナンバーです。
 
IRON MAIDEN / PIECE OF MIND
A-Side
01.Where Eagles Dare
02.Revelations
03.Flight of Icarus
04.Die With Your Boots On
B-Side
01.The Trooper
02.Still Life
03.Quest For Fire
04.Sun And Steel
05.To Tame A Land
TOSHIBA EMI (EMS-91057)

The TrooperのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BURRN! 9月号

2013年08月05日22:25:00





















今日はBURRN!の発売日です。
表紙は来日間近のAEROSMITHのスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーさん。
こんなジジィになりたい!(^o^)
お腹なんて出てないもんな~!

記事としてはVAN HALENの日本公演のライヴ・レポートが楽しめました。
他にRATTのライヴ・レポートも。
RATTは初来日公演だけ見たな~。

  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)