Chekipon BLOG  
ログイン

ASIA /

2013年07月30日22:42:00

 

 

 

 

 

 

 〝BACK TO THE 1983〞第16回目はイギリス出身の
『ASIA』の2ndアルバム『ALPHA』を紹介します。
 
1982年の衝撃のデビュー・アルバムから、
こう言うスーパー・グループには珍しく意外にも翌年
(正確に言うと17ヶ月後)に2ndアルバムをリリース。
 
爆発的なセールスを上げたデビュー・アルバムだっただけに
期待外れとは言わないまでも、デビュー・アルバムのような
衝撃はありませんでした。
基本的にASIAはポップですが、
今作はポップ色を強めた2ndアルバムと言えるでしょう。
 
まぁ1stアルバムを聴かずにこのアルバムを聴いたなら
いいアルバムだ~!と絶賛していたとは思うでしょうが
余りにも1stアルバムが凄過ぎたとしか言いようがありません。
とは言えこれも間違いなく名盤です。
 
ASIA / ALPHA
A-Sdie
01.Don't Cry
02.The Smile Has Left Your Eyes
03.Never In A Million Years
04.My Own Time(I'll Do What I Want)
05.The Heat Goes On
B-Side
01.Eye To Eye
02.The Last To Know
03.True Colors
04.Midnight Sun
05.Open YourEyes
CBD SONY (25AP・2650)

Don't CryのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

VANDENBERG /

2013年07月29日23:06:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第15回目はオランダ出身の
『VANDENBERG』の2ndアルバム『HEADING FOR A STORM』
(邦題:誘惑の炎)を紹介します。
 

デビュー・アルバムも日本で好評で、全米でも好リアクションだった
エイドリアン・ヴァンデンバーグ率いる『VANDENBERG』の
2ndアルバムです。
 
正直1stアルバムは世間が騒ぐほどいいとは思っていなかったわけですが
(音がイマイチだったところがマイナスポイント)、
今作は音もよくなり何より楽曲が洗練されメジャー感溢れる
サウンドに仕上がっていて素晴らしいアルバムでした。

いい意味でアメリカを意識したサウンド言えるでしょう。 
VANDENVERGはこのアルバムが1番好きだな!
 
VANDENBERG / HEADING FOR A STORM
A-Side
01.Friday Night
02.Welcome To The Club
03.Time Will Tell
04.Different World
B-Side
01.This Is War
02.I'm On Fire
03.Heading For A Storm
04.Rock On
WARNER PIONEER (P-11441)

Friday NightのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUEENSRYCHE /

2013年07月25日22:52:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第14回目はアメリカ出身の
『QUEENSRYCHE』の1stミニアルバム『QUEENSRYCHE』を紹介します。
 
このアルバムを聴く限りではそのサウンドとジェフ・テイトの声質もあり
ポストJUDAS PRIESTと言われたわけで
その後のインテリジェンスなプログレッシヴなヘヴィ・メタルへと
シフトして行こうとはこの時は思いもよりませんでした。
 
劇的なツイン・リードやドラマティックな展開など
正しく正統派ハード・ロックと言えるもので
僅か4曲と言うミニアルバムではあったものの
QUEENSRCHEと言うバンドを世間に知らしめるには十分の内容でした。
 
QUEENSRYCHE / QUEENSRYCHE
A-Side
01.Queen Of The Reich
02.Nightrider
B-Side
01.Blinded
02.Lady Wore Black  
TOSHIBA EMI (EYS-41012)

Queen Of The Reichのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DEF LEPPARD /

2013年07月24日22:15:00














〝BACK TO THE 1983〞第13回目はイギリス出身の『DEF LEPPARD』の
3rdアルバム『PYROMANIA』(邦題:炎のターゲット)を紹介します。
 
NWOBHMのムーブメントの中でデビューした『DEF LEPPARD』でしたが
デビュー当時から硬質のリフをメインとしたNWOBHMサウンドとは
異質な、いわゆるアメリカンなヘヴィ・メタルをプレイしていました。
そんなこともあって1st、2ndアルバムと全米では
それなりの好リアクションを得ることになります。
そしてこの3rdアルバムで全米での人気を決定的なものにする
ことになりました。
 
今作は適度にポップでハードエッジなものも失っていない
キャッチーなハード・ロックと言えるもので、
その後の洗練されたサウンドを思えば、
このアルバムが1番バランスの取れたスタイルだったと思います。

故にこのアルバムがLEPPSのアルバムで1番好きです!
やはりリック・アレンの両腕は必要だ!!!
 
DEF LEPPARD / PYROMANIA
A-Side
01.Rock Rock (Till You Drop)
02.Photograph
03.Stagefright
04.Too Late For Love
05.Die Hard The Hunter
B-Side
01.Foolin'
02.Rock of Ages
03.Comin' Under Fire
04.Action Not Words
05.Bily's Got A Gun
NIPPON PHONOGRAM (25PP・59)

PhotographのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

THIN LIZZY /

2013年07月23日23:06:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第12回目はイギリス出身(フィルはアイルランド出身
ですが)の
『THIN LIZZY』の12thアルバム『THUNDER AND LIGHTNING』を
紹介します。

『THIN LIZZY』のリリース前から発表されたラスト・アルバムです。
スノーウィー・ホワイトが脱退し、『TYGERS OF PAN TANG』の
〝ジョン・サイクス〞が加入。
若きギタリストが加入した影響かサウンドもグ~ンと若さ溢れる
アグレッシヴなサウンドにシフトしました。
これをラストにするには惜しいアルバムです。
このラインナップであと1~2枚は出して欲しかった。
 
バンドの断末魔ではない最後だからこその本気を感じる名作です。

THIN LIZZY / THUNDER AND LIGHTNING
A-Side
01.Thunder and Lightning
02.This Is the One
03.Sun Goes Down
04.Holy War
B-Side
01.Cold Sweat
02,Someday She Is Going to Hit Back
03.Baby Please Don't Go
04.Bad Habits
05.Heart Attack
NIPPON PHONOGRAM (25PP・83)

Thunder and Lightningのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

DIO /

2013年07月22日22:38:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第11回目はイギリス出身(ロニーはアメリカ出身ですが)
『DIO』の1stアルバム『HOLY DIVER』(邦題:情念の炎)を紹介します。 

BLACK SABBATHを脱退後、すぐさまロニーは自らのバンド『DIO』を
始動させます。
ギタリストに『SWEET SAVAGE』に居た〝ヴィヴィアン・キャンベル〞
ベースにRAINBOW時代の旧友〝ジミー・ベイン〞、
ドラムはサバス時代の〝ヴィニー・アビス〞と言う布陣でした。
 
アルバムはいかにもロニーらしい様式美を持ったHRサウンドで
過去にタッグを組んだ伝説的なギタリストとは違う
いかにも当時のギタリストらしいヴィヴィアンのギター・プレイも
バンドにフレッシュさを作り出していました。
 
名盤とは言わないけど、DIOを代表するアルバムには違いないです。
 
DIO / HOLY DIVER
A-Side
01.Stand Up and Shout
02.Holy Diver
03.Gypsy
04.Caught in the Middle
05.Don't Talk to Strangers
B-Side
01.Straight Through the Heart
02.Invisible
03.Rainbow in the Dark
04.Shame on the Night
NIPPON PHONOGRAM (25PP・87)

Stand Up and Shoutのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

QUIET RIOT /

2013年07月21日23:20:00














まだ途中だったBACK TO THE 1983、
そんな〝BACK TO THE 1983〞第10回目はアメリカ出身の『QUIET RIOT』の
3rdアルバム
『METAL HEALTH』を紹介します。
 
ランディ・ローズ脱退により一時バンドが休止状態だった『QUIET RIOT』は
新ギタリストとして〝カルロス・カバーゾ〞を加入させ
ドラマーも〝フランキー・バネリ〞が加入し
再出発することになります。
 
過去の2作品と比べると格段にメタリックなサウンドに変貌し
楽曲もバラエティに富んだ作品に仕上がっています。
時代の風潮もあってこのアルバムが全米No.1になるとは
誰が予想したでしょうか!?

LAメタル・ブームの火付け役となったターニング・ポイント的アルバム。
やっぱこの時代は良かった!!!(^o^)
 
QUIET RIOT / METAL HEALTH
A-Side
01.Metal Health
02.Cum On Feel The Noize
03.Don’t Wanna Let You Go
04.Slick Black Cadillac
05.Love’s A Bitch
B-Side
01.Breathless
02.Run For Cover
03.Battle Axe
04.Let’s Get Crazy
05.Thunderbird
CBS SONY (25AP 2643)

Metal HealthのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

WHITESNAKE /

2013年07月18日23:27:00

 

 

 

 

 



今日はイギリス出身の『WHITESNAKE』のライヴ盤
『MADE IN BRITAIN/THE WORLD RECORD』を紹介します。


今年5月の来日公演の記憶もまだ新しい『WHITESNAKE』の
2011年の『FOREVEMORE』に伴う全英ツアーのライヴテイクと
同じく『FOREVEMORE』の世界ツアーのライヴテイクを収録した
2枚組ライヴ・アルバムです。

まぁ今年観たライヴでも同じことが言えるわけで
全盛期のあの声を求めることは無理な話で
今あるべきデイヴィッド・カヴァデールの歌声と
デヴィッドを支えるメンバーのパフォーマンスを楽しむと言うのが今の『WHITESNAKE』です。
故にこよなくWHITESNAKEを愛するリスナーさんにはマストのライヴ盤ですし、
そう思い入れのない方はスルーして下さい。

まぁどうしてもBurnのギター・ソロはリッチーのあれを思い出すので
若干の違和感はあるけど
キーボード・ソロはそれなりにオリジナルに忠実で良かったです。

WHITESNAKE / MADE IN BRITAIN・THE WORLD RECORD
Diac-1
01.Best Years
02.Give Me All Your Love
03.Love Ain’t No Stranger
04.Is This Love
05.Steal Your Heart Away
06.Forevermore
07.Love Will Set You Free
08.My Evil Ways
09.Fare Thee Well
10.Ain’t No Love In The Heart Of The City
11.Fool For Your Loving
12.Here I Go Again
13.Still Of The Night
Disc-2
01.Bad Boys
02.Slide It In
03.Lay Down Your Love
04.Pistols At Dawn
05.Snake Dance
06.Can You Hear TheWind Blow
07.Fare Thee Well
08.One of These Days
09.The Badger
10.Deeper The Love
11.Solider of Fortune
12.Burn~Stormbringer~Burn
FRONTIERS RECORDS (FR CD 611)

Bad Boysのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ヘドバン

2013年07月17日22:51:00


















話題の音楽誌〝ヘドバン〞を購入しました。
別冊かと思いきや、これからもコンスタントに発売されるのでしょうか!?
昔、発売されていた〝炎〞みたいな感じです。

とにかくBABYMETAL特集と言うことで購入したわけですが
なかなか濃い内容で大満足DEATH!
BABYMETALはアイドルだから一過性のものかも知れないけど
間違いなく今の日本のヘヴィ・メタル・シーンに旋風を巻き起こしているのは事実。
変な御託を並べている人が居るのなら1度そのライヴを体験すればいい。

それにしても1,365円はちょっと高い!
インタビューしたゲストのギャラが高かったのか!?
カラー・ページは最初の10ページほどだし
780円くらいが適正価格だと思います。



  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BABYMETAL MJ ANNEX

2013年07月16日21:29:00

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 昨夜NHKのMUSIC JAPAN ANNEXにBABYMETALが登場しました。
今回はしっかりトークもあって良かったです。
3人とも勉強だけはしっかりしてね~(^o^)
オジサンからのお願いDEATH!!!

かしゆか、ベイビー・メタルじなくってベビー・メタルだからね!(^o^)









































  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)