Chekipon BLOG  
ログイン

CHILDREN OF BODOM /

2013年06月17日22:48:00














今日はフィンランド出身の『CHILDREN OF BODOM』の8thアルバム
『HALO OF BLOOD』(DELUXE EDITION)を紹介します。
 
約2年振りとなる日本でも絶大なる人気を誇る『CHILDREN OF BODOM』の
NUCLEAR BLAST移籍第一弾となるニュー・アルバムです。
 
およそチルボド的と言われるサウンドは初期の頃に象徴される
スタイルなわけで、今作は前作より更に初期に回帰したサウンドに
仕上がっています。
粒揃いのナンバーが多数占めており、とても安心して聴けるアルバムに
なったのではないでしょうか!?
昨今彼等のアルバムをこんなに聴いたことがないです。
 
DVD付きのデラックス・エディションにはボーナス・トラックに
『Roxette』の〝Sleeping In My Car〞のカバーが収録されています。
『Roxette』ってこんな曲もやるんですね。
因みに何故かエンディングのギター・ソロで『JOURNEY』の
〝Don't Stop Believin'〞のギター・ソロを弾いているのは何故!?
でも曲に合っている(^^;
 
DVDには〝Halo of Blood〞のレコーディング風景が収録されています。
ってPVも収録しとけよ~!!!
因みにフィンランド語で話している時は英語の字幕スーパーが出ます。
 
CHILDREN OF BODOM / HALO OF BLOOD
01. Waste Of Skin
02. Halo Of Blood
03. Scream For Silence
04. Transference
05. Bodom Blue Moon (The Second Coming)
06. The Days Are Numbered
07. Dead Man's Hand On You
08. Damage Beyond Repair
09. All Twisted
10. One Bottle And A Knee Deep
11. Sleeping In My Car [Bonus Track]
NUCLEAR BLAST (2953-8)

Halo Of Bloodの音だけどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

RAINBOW /

2013年06月16日23:57:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第9回目はイギリス出身のRAINBOW』の
7thアルバム
『BENT OUT OF SHAPE』を紹介します。
 
〝ジョー・リン・ターナー〞を迎えて第3作目となるアルバムは
ジョー加入の前2作とはメロディアス度が歴然とアップして
『RAINBOW』史上に最高の哀愁のメロディーが炸裂する名盤となりました。
 
キャッチーなメロディーは勿論、ジョーの声質が見事にマッチし
初期の『RAINBOW』とは異なる世界観を構築するサウンドに仕上がっており
まさしく大人のハード・ロックと言えるでしょう。
 
RAINBOW / BENT OUT OF SHAPE
01.Stranded
02.Can't Let You Go
03.Fool for the Night
04.Fire Dance
05.Anybody There
06.Desperate Heart
07.Street of Dreams
08.Drinking With the Devil
09.Snowman
10.Make Your Move
POLYDOR (P28P-25070)

Street of DreamsのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ALCATRAZZ /

2013年06月15日23:44:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第8回目はアメリカ出身の『ALCATRAZZ』の
1stアルバム『NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL』を紹介します。
 
今でこそイングヴェイ系のギタリスト、或いはイングヴェイくらいの速さで
弾くギタリストは星の数だけいますが
当時このアルバムを聴いた時のイングヴェイのプレイには衝撃を受けました。
こんなスタイルのギタリストは聴いたことがありませんでした。
 
日本でも人気のヴォーカリスト〝グラハム・ボネット〞が
『MICHAEL SCHENKER GROUP』脱退後に結成したバンドなわけで
メインとなるボネットよりもイングヴェイのプレイ当時は話題になりました。
それはまるでオジーがソロ・デビューした時に
ランディに脚光が浴びたような感じでした。
 
そんな『ALCATRAZZ』はいい具合にイングヴェイ色があり、
ボネットが居た『RAINBOW』的な音楽性にも勿論似たところはあって
いいバランスで制作されたアルバムだと思います。
 
ALCATRAZZ / NO PAROLE FROM ROCK'N'ROLL
01.Island In The Sun
02.General Hospital
03.Jet To Jet
04.Hiroshima Mon Amour
05.Kree Nakoorie
06.Incubus
07.Too Young To Die, Too Drunk To Live
08.Big Foot
09.Starcarr Lane
10.Suffer Me
POLYDOR (POCP-1835)

Island In The SunのPVをどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

BABYMETAL イナズマロックフェスに降臨

2013年06月14日23:54:00



















もう滋賀が誇る一大ロック・フェスに定着しつつあるイナズマ・ロック・フェス。
今年も9月21日(土)22日(日)の2日間開催されますが
何と~22日にBABYMETALが出演することになりました!

去年PASSPO☆が登場して、ロック系アイドルの出演は嬉しいです。
今後の出演アーティストにPASSPO☆や、
Perfumeなんかも出演してくれたら絶対に行く~!!!
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

Y&T /

2013年06月13日22:51:00

 

 

 

 

 



〝BACK TO THE 1983〞第7回目はアメリカ出身の『Y&T』の5thアルバム『MEAN STREAK』を紹介します。

 
今も尚活動している超ベテラン・バンド『Y&T』の5thアルバムです。
プロデューサーにはあの〝クリス・タンガリーデス〞が迎えられています。
 
アメリカのバンドは思えない泣きのメロディーが特徴の『Y&T』の
初期の集大成と言えるアルバムです。
まぁとにかく名曲〝Midnight in Tokyo〞を聴きやがれ~!!!
1982年に初来日した時の思い出として作られたナンバーなわけで
ライヴ当時は台風が東京を直撃していたと言う
今も語り継がれる話として有名。
 
昔から思ってるんですけど
松崎しげるに『Y&T』を歌って欲しいな~(^o^)

Y&T / MEAN STREAK
01.Mean Streak
02.Straight Thru the Heart
03.Lonely Side of Town
04.Midnight in Tokyo
05.Breaking Away
06.Hang 'Em High
07.Take You to the Limit
08.Sentimental Fool
09.Down and Dirty
10.I'm Not Sorry [Bonus Track]
UNIVERSAL MUSIC (UICY-20244)

Midnight in Tokyoのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

OZZY OSBOURNE /

2013年06月10日23:21:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第6回目はイギリス出身の『OZZY OSBOURNE』の
3rdアルバム『BARK AT THE MOON』(邦題:月に吠える)を紹介します。
 
ランディ・ローズの死後、元『ROUGH CUTT』の日系人ギタリスト
〝ジェイク・E・リー〞を迎え制作された3rdアルバムです。
 
ランディ時代とはかなり様式美のスタイルは薄れ
当時のLAのギタリストらしいフラッシーなプレイを導入し
若々しいサウンドに仕上がっています。
 
その後勃発するLAメタルとリンクするサウンドに上手くシフトして
いったサウンド言っていいわけで、次作に更に過剰にポップなサウンドに
なるとは夢にも思いませんでしたけどね。
 
OZZY OSBOURNE / BARK AT THE MOON
01.Bark At The Moon
02.You're No Different
03. Now You See It (Now You Don't)
04.Rock 'N' Roll Rebel
05.Centre Of Eternity
06.So Tired
07.Slow Down
08.Waiting For Darkness
CBS/SONY (25DP-5223)

Bark At The Moonのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

ROCK BOTTOM 第22回放送終了

2013年06月09日22:29:00



































ROCK BOTTOM 第22回目放送終了しました。
逓信舎スタジオのある花しょうぶ通り商店街は昨日・今日と年に1度の
アートフェスタ勝負市が開催されて
いつもは静かな商店街も今日は沢山の人で賑わっていました。

オンエアリスト
01. WHITESNAKE / Still of The Night
02. 東京女子流 / ヒマワリと星屑
03. BABYMETAL / ドキ・ドキ☆モーニング
04. PASSPO☆ / STEP&GO
05. SKE48 / ごめんね、SUMMER
06. SKE48 / 青空片思い

今日の番組後半は昨日のAKB総選挙の話しを熱く語らせて頂きました。
今年の総選挙は面白かった!
来年も頼むよ~SKEチーム!!!


  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

明日はROCK BOTTOMのオンエアです

2013年06月08日22:27:00
























明日はfmGIG、彦根逓信舎スタジオからインターネット・ラジオ
ROCK BOTTOMの放送です。
先月は収録放送だったので、4月からの放送から2ヶ月の間に行った
ライヴのお話を中心に1時間お届けします。
勿論、総選挙の話もしますよ~!!!

では明日の3時、fmGIGでお会いしましょう!
メッセージなどありましたら下記まで。
こちらのブログに送って貰っても結構です(^o^)

URL 
http://www.fm-gig.net/top.html
メッセージは radio@teishinsha.com

   

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

EUROPE /

2013年06月07日23:40:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第5回目はスウェーデン出身の『EUROPE』の
1stアルバム
『EUROPE』(邦題:幻想交響詩)を紹介します。
 
今でこそスウェーデンを始めとする北欧のバンドは星の数ほど存在しますが
まだまだ1983年当時はヘヴィ・メタル不毛の地とも言われていたわけで
少なくとも当時の日本では北欧のヘヴィ・メタル/ハード・ロックに
関する情報は皆無でした。
 
そんな中、水晶の如き珠玉のメロディーを持ったバンド『EUROPEが登場、
このデビュー・アルバムは日本で大評判となりました。
とりわけ一際光り輝く〝In The Future To Come〞〝Seven Doors Hotel〞は
日本人の琴線をくすぐるメロディーと構築性を持っていました。
 
まだまだヘヴィ・メタル後進国と思われていた北欧からのニューカマーが
その後全世界で大ブレイクするとはこの時誰も想像しなかったでしょう。
 
EUROPE /EUROPE
01.In The Future To Come
02..Female
03.Seven Doors Hotel
04.King Will Return
05.Boyazant
06.Children Of The Time
07.Words Of Wisdom
08.Paradise Beach
09.Memories
VICTOR (VDP-28057)

Seven Doors Hotelのライヴ映像をどうぞ
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)

GARY MOORE /

2013年06月06日23:37:00

 

 

 

 

 

 

〝BACK TO THE 1983〞第4回目はアイルランド出身の
『GARY MOORE』の
『DIRTY FINGERS』を紹介します。
 
色んなキャリアを持つゲイリー・ムーアですが
バンドのギタリストとして、ソロ・アーティストとして
ハード・ロック・ギタリストとして、ブルース・ギタリストとして
どのキャリアのゲイリーが好きなのかは人それぞれでしょうが
私はやはりハード・ロック・ギタリストのゲイリーが好きでした。
その中でも私のゲイリー3大アルバムの1枚なのがこの『DIRTY FINGERS』です。
因みに他の2枚は『G-FORCE』『CORRIDORS OF POWER』
 
このアルバムがリリースされた時は幻のアルバムと言われていたわけで
その幻のアルバムがこの日本だけ発売することになるのです。
とりわけこのアルバムのゲイリー以外のレコーディング・メンバーは
ヴォーカル/チャーリー・ハーン
キーボード/ドン・エイリー
ベース/ジミー・ベイン
ドラム/トミー・アルドリッチです。  
 
時代背景的にこの『G-FORCE』『DIRTY FINGERS』『CORRIDORS OF POWER』
似ているので、この時代が私にとってのゲイリーの黄金期と言えます。
 
GARY MOORE / DIRTY FINGERS
01. Hiroshima
02. Dirty Fingers
03. Bad News
04. Don't Let Me Be Misunderstood
05. Run To Your Mama
06. Nuclear Attack

07. Kidnapped
08. Really Gonna Rock
09. Lonely Nights
10. Rest In Peace
BMG MUSIC (06076 81193-2)

Hiroshimaの音だけどうぞ
 
  

Posted by アナログ・キッド Comments(0)